トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【コルドバ】花であふれるパティオで手作りのお土産を探そう

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

【コルドバ】花であふれるパティオで手作りのお土産を探そう

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年5月 2日



5月のコルドバは、5月の十字架祭り、パティオ祭り、フェリアと大きなお祭りが3つもあります。夏は"アンダルシアのフライパン"と呼ばれるほど暑くなりますが5月は気候的にも過ごしやすいので、コルドバに行くには最適のシーズンです。


世界遺産に登録された大聖堂"メスキータ"などの観光名所と並んで有名なのがコルドバのパティオ(中庭)文化。パティオがある住宅やパティオを飾る習慣はローマ人、アラブ人の時代から現在に受け継がれています。今の季節は、鮮やかな花で飾られたパティオが見どころ!


とはいえ、多くのパティオは個人所有のため、パティオ祭りを除くとなかなか見る機会はありませんが、バシリオ通り44番地(Calle San Basilio 44)にあるパティオは年間を通して公開されています。このようなつくりのパティオはもともと集合住宅だったそうで(共同の井戸や洗濯場があります)、ここは現在工芸品などを扱う数軒のお店が入居しています。


DSC_4787.JPG


入って右奥に陶器や扇子を扱う小さなショップがあります。工房も兼ねており、店主のInmaculadaが絵付けをしながら自分の作品を売っています。


0DSC_4764.JPG


DSC_4771.JPG


カラフルな色彩がアンダルシアらしいですね。私は色違いでいくつかの扇子を持っていて、夏になるとその日の服装に合わせて持ち歩きます。日本の友人たちのお土産にも買って行くことがあり、たまに「壊れちゃったから今度新しいの買ってきて~」なんてリクエストをもらうことも。かさばらず重たくもないので、スペインのお土産にはもってこいだと思います。


DSC_4770.JPG


ほかにもお土産に使えそうなこまごまとしたものが置いてありますので、パティオ見学のついでにぜひお店を覗いてみてくださいね。この地区は私のお気に入りです。パティオの隣にはおススメのレストランがありますが、それはまた別の機会にご紹介します。


Inmaculada Alarcón
Taller de Cerámica

住所:Calle San Basilio 44 Córdoba
地図:https://goo.gl/maps/nCzHeCr3wdU2
営業時間(パティオ):年中無休。10:30~14:00、17:00~20:30が基本

======================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【コルドバ】花であふれるパティオで手作りのお土産を探そう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について