トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【今月のお題】コロッセウムからインスピレーションを得たバレンシア闘牛場

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

【今月のお題】コロッセウムからインスピレーションを得たバレンシア闘牛場

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年5月31日



スペインと聞いて頭に思い浮かぶものを5つ挙げてみてください。フラメンコ、サッカー、ガウディ、
ひまわり畑、白い村、パエリア、ピカソ、エトセトラ。そして闘牛を挙げる方もいることでしょう。


動物愛護活動を含む社会の変化から、闘牛は以前のように人気のあるエンターテイメントでは
なくなってしまいました。それでも、スペインでは小さな町にも闘牛場があり、闘牛文化は今の時代にも
引き継がれています。


バレンシアの闘牛場は、町の中心、鉄道のNord駅のすぐ隣にあります。ローマ時代のコロッセウムから
インスピレーションを受けたと言われる建物で、18世紀の終わりから19世紀の半ばにかけて建てられました。
13,000人近くが着席できる規模の一級闘牛場です。


DSC_3455.jpg


「スペインに行ったら闘牛が見たい」という方もいらっしゃいますが、残念ながら闘牛はいつでも
観られるものではないのです。バレンシアの闘牛場を例に挙げると、興行があるのは年に4回のみ。


◆3月:火祭りにあわせて10日以上の連続興行があり、一流闘牛士も大勢やって来ます。
◆5月:バレンシアの守護聖母デサンパラードお祭りにあわせて、初旬に2日ほど。
◆7月:聖ハイメのお祭りにあわせて、下旬に5日ほど。
◆10月:バレンシアの日に合わせ、最初の週末に2日ほど。


CIMG4131.jpg


この期間を逃すと、バレンシア市内では闘牛を見ることができません(※ 郊外の町でお祭りがあれば、
そこで見ることも可能)。ちなみに私の住む郊外の町にも闘牛場はありますが、毎年8月のお祭りに
合わせて2回か3回の興行があるのみです。


見れなくてもいいからどうしても中に入ってみたいという方は、隣接する闘牛博物館 に入場すれば、
イベントがない限り場内の見学もできます。


ところで、闘牛場は闘牛のない時はイベント会場として使用されることをご存知でしたか?
オクトーバーフェストや中世市場、サーカス、コンサート等々。うまく活用していますよね。


Plaza de Toros de Valencia バレンシア闘牛場
住所: Calle Játiva 28 Valencia
地図: https://goo.gl/maps/8mEfo8jB7kS2
電話: 902-107-777


(5月お題"スタジアム")




ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【今月のお題】コロッセウムからインスピレーションを得たバレンシア闘牛場

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について