トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 「勝利にふさわしいのは錦織だった」by トニー・ナダル

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

「勝利にふさわしいのは錦織だった」by トニー・ナダル

カテゴリー:スポーツ・観戦 投稿日:2014年5月12日



普段スポーツ観戦にはまったく興味がなく、サッカーのルールさえわからない私ですが、
今日行われたテニスのマドリード・オープン決勝戦は別でした。
日本人では初の世界ランク12位にいる錦織選手が、1位のナダルと対戦するのですから。


第1セットは6-2で勝ち、第2セットも最初は4-0と勢いがあり、この調子だと優勝?と思いました。
が、昨日の準決勝の疲れが残っていたのか腰痛に見舞われ、途中でメディカルタイムアウトを取得。
結局4-6で落としてしまいました。そして第3セットで0-3と押され、痛みのためにやむなく棄権することに・・・。


おそらく誰もが錦織選手が勝つと思った試合。それも決勝戦で、相手は世界の王者。
どんなに悔しかったことでしょう。表彰式の錦織選手の表情を見て、涙が出そうでした。


ナダルのコーチでおじさんでもあるトニー・ナダルはこう話したそうです。
"No nos merecimos la victoria. El otro (Nishikori) sí, porque ha jugado mejor durante
todo el tiempo. Es una victoria injusta y hemos tenido mucha suerte"
(勝利にふさわしいのは私達ではなく、錦織だった。彼は試合中ずっとナダルを上回る
プレーをした。今回の勝利はフェアではなく、私たちは運が良かっただけだ。)


今後のことを考えると、棄権を選んだのは正しい選択だったと思います。
今回の悔しさをバネに、さらに大きく羽ばたいてほしいですね。


ランキングに参加しています。
↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 「勝利にふさわしいのは錦織だった」by トニー・ナダル

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について