トップ > ヨーロッパ > オーストリア > チロル特派員 > ドイツ語でハムやチーズ、肉を頼んでみよう!

オーストリアオーストリア/チロル特派員ブログ

ドイツ語でハムやチーズ、肉を頼んでみよう!

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2019年5月23日

Servus!オーストリアに来て今年で5年目の筆者ですが、なかなか慣れなかったことの1つがカウンターでハムやチーズ、肉を店員さんに直接注文すること。英語で頼んだら通じない、覚えたてのドイツ語を使ったら店員さんに返された質問が全く分からないということが多々あってしばらくは対面方式を避けてあらかじめパックに詰められたものを買っていました。


チーズもハムも写真のような塊からカットされたものが売っています。


IMG_20190521_152012.jpg


ただ、ハムやチーズは何とかなっても肉となると欲しい肉がパックで売られていなくてそうなると直接言って買う必要があるんです。ハムやチーズだってカウンターで売っているものの方が新鮮で種類も多いし好きな分だけ買えます。そこで今回はそんな時にきっと役立つフレーズをご紹介します!


例:カウンターでハム300gを買います。


IMG_2985.JPG


ハムを見ていると店員さんがBitte!などと声をかけてくるのでまずは挨拶。ハローでもServusでもグリュースゴットでも!


ハムやソーセージもたくさんあるので迷ってしまいますが、この日はBauernschinken 300gにします。


ich hätte gern dreihundert gramm Bauernschinken.

(イッヒ ヘッテ ゲルン ドライフンダルト グラム バウアーンシンケン)


dreihundertはドイツ語で300なので数量は好きな数、その後に買う商品名を入れてください。


ちょっと言いにくいなと思う時は最初を省いて


dreihundert gramm Bauernschinken Bitte!と簡単に伝えても大丈夫です。


更に簡単に


Bauernschinken Bitte!かdas bitte!と欲しいものを指さして言ってもok。


このように簡潔に商品名だけ伝えたり、数量がはっきり聞き取れなかった場合は店員さんがこう聞いてきます。


Wie viel?(ウィー フィール?)


これはいくら欲しいの?と聞かれているので数量を伝えましょう。


全て頼み終わったあとは必ず

Alles?(アレス?)


sonst noch etwas?(ソンスト ノッホ エトワス?)

などど言われます。まだ他に頼む?といった意味なので注文を終えるなら


Alles danke!(アレス ダンケ!)と返せば終わり。品物を受けとってあとはレジで会計するだけ(カウンターでは会計はしません)


300gでこのくらい。


IMG_2329.JPG


いかがですか?慣れるまでは少し大変ですが、これらは肉売り場だけでなくパン屋さんでの注文といった様々な場面でも使えるフレーズです。オーストリアに来た際の皆様のお買い物に少しでも役立てば幸いです!



★twitterやってます★




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Obi

オーストリア・チロル特派員のObiが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/チロル特派員
名前:Obi

Obi

2010年にオーストリア人の夫と日本で出会い、2011年に東日本大震災によりそれまで働いていた会社を離職。離職後は長年の夢であったドイツ語習得のために夫の住んでいたチロルで学校に通いながら日本を行き来する生活を送り、2014年に結婚。本格的にチロルでの生活を始める。現在もドイツ語を勉強中。大自然に囲まれたチロルから日々の暮らしについて紹介していきます。 DISQUS ID @disqus_XRdcbNy7Mz

チロル特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

インスブルックを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

チロル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > チロル特派員 > ドイツ語でハムやチーズ、肉を頼んでみよう!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について