× 閉じる

トップ > 日本 > 答志島・三重特派員 > 日本でここだけ、寝屋子制度

日本国内日本国内/答志島・三重特派員ブログ

日本でここだけ、寝屋子制度

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年10月20日

朝晩、随分秋らしくなってまいりました。
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋...。
皆様は、どのような秋をお過ごしでしょうか。

ここ答志島では、伊勢海老が解禁になり、また海苔の種つけ作業や、ワカメの養殖準備が始まり、とても活気にあふれております。
IMG_7269.JPG

IMG_7280.JPG
さて、答志島といえば【新鮮な魚介類】と連想されると思いますが、答志島の代名詞とも言われます【寝屋子制度】についてご紹介致しましょう。

【寝屋子制度】...昔は、他の地区にもあったそうですが、今は、ここ答志島だけに残る風習です。

中学を卒業後から結婚するまでの間(15歳から25歳くらい)5~6人ほどのグループを組み、信頼のおける方に寝屋親をお願いし、お家の一間をお借りして寝泊まりさせてもらう。
寝屋親は、誰にでもお願いできるのではなく、寝屋子の経験者で、寝屋子を寝泊まりさせる為の部屋があること、寝屋子達をひとつにまとめる力、リーダーシップのある方、また実の親よりも 若いご夫婦にお願いするそうです。

ご飯とお風呂は、自宅で済ませて、寝泊まりに行くそうです。昔は、そこから漁に出掛けたりしてましたが、今では、お休みの前の日だけになっています。

寝屋親には、実の親よりなんでも話せ、共にお世話になる友達 、寝屋子とは、兄弟のように深い絆で結ばれ関わっていきます。

戦国時代、海賊でこの辺りを支配していた【九鬼嘉隆】が、戦いの時に、船の漕ぎ手を直ぐに集められるようにと、青年を一箇所に集めていたことが始まりともいわれております。

この制度は、男性【長男】だけと決められており
残念ながら、女性は、【寝屋子】に属すことはできません。でも、【寝屋子】のお嫁さんになれますね(o^^o)

答志島もここ数年、少子化になってきておりますが、今現在も続く【寝屋子制度】は、鳥羽市の無形民俗文化財にも指定されております。
これからの子供達の為にも、大切に残していきたいですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

橋本千春

日本国内・答志島・三重特派員の橋本千春が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/答志島・三重特派員
名前:橋本千春

橋本千春

答志島に生まれ育ち、途中 都会に憧れて島を出ましたが、離れてみると【島の良さ】【人のあたたかさ】が懐かしく、23歳でリターン‼︎ ご縁があり、実家より歩いて198歩の温泉旅館のに嫁ぐ。実は、若女将ではありますが、島内にある市場で、男性の仲買人さんに混じり、競りをする女性仲買人、また調理師、温泉ソムリエに、グリーンツーリズムインストラクター、また、美を追求するエステティシャン、そして、4人の子育てに顔晴る母、色々な顔を持つ【七変化 若女将】。変身しながら、答志島の自然、また風習、美味しいお魚情報をお届け致します。 DISQUS ID @disqus_NjdMN1pge0

答志島・三重特派員トップにもどる

その他の三重県の特派員



三重県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

答志島・三重特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 答志島・三重特派員 > 日本でここだけ、寝屋子制度