トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2021年2月26日

ダンケルクは週末ロックダウン


No.611 で予告したように、フランス北部のダンケルクも感染者急増により、ニース同様今日から週末のロックダウンを行うことになりました。「ダンケルク」と書きはしましたが、厳密には範囲はもう少し大きく、周辺の自治体も合わせた57市町村で施行されます。人口でいうと25万人がその対象となっています。



上のツイートのリンク先にある地図で、赤く塗られた部分が週末ロックダウン施行地域です。

週末ロックダウンの内容は、金曜日18時から翌月曜朝の6時までステイホームが求められるというもの。昨年春のロックダウン時同様、食料品の買い物、医療的な必要、ペットの散歩、運動などのための外出は1時間まで認められていますが、それを書いた証明書(attestation)が必要です。証明書のひな型は、内務省のウェブサイト または接触アプリTous Anti Covidからアクセスできるはずですが、いま見たところでは、まだアップロードされていないようです。


20県が特別警戒対象


また上のニュースに続いて、昨日はカステックス首相からフランスの感染状況についての記者会見がありました。変異株、特にイギリス変異株の増加が著しく、1週間前には感染者の40%と言っていたのに、すでに50%まで増えているということ。イギリス変異株は感染力が従来のものより高いため、政府としてはなんとか広範囲に広がらないよう食い止めたい考えです。そこで、人口に対する感染者率の増加が加速している地域20県を警戒地域とし観察を続け、改善が見られないようならば、3月6日からロックダウンなどの規制を検討すると発表しました。
この20県というのは、下のツイートのリンク先にある地図の濃い赤の部分です。



県でいえば、すでに一部の市町村の週末ロックダウンが決まっているノール県とアルプ・マリティム県に加え、イル・ド・フランスの8県とウール=エ=ロワール県。北東のモゼル県とムルト=エ=モゼル県。北部のパドカレ県、ソンム県、オワーズ県。南東部のローヌ県、ブーシュ・デュ・ローヌ県、ドローム県、ヴァール県がこれにあたります。


フランスでは、人口10万人当たりの感染者数250人を警戒ラインにしていますが、上に挙げた20県のうち15県がすでにこの数値を超えています。


一方、ワクチン接種も進んでいますが、パスツール研究所が24日の発表で明言したように、ワクチン接種と感染対策は並行して行う必要があります。


緊迫した状況が続きますが、季節は間違いなく春に向かっている今日この頃。日照時間も増えています! できるだけ明るい気持ちで日々を過ごしたいものです。


(冠ゆき)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について