トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

カテゴリー:お知らせ / 文化・芸術・美術 投稿日:2021年2月 7日

フランス地図のまん真ん中より少しだけ南に下りた場所にオービュッソンという人口3300人ほどの小さな町があります。ミシュランで有名なクレルモン・フェラン(Clermont-Ferrand)と、磁器で有名なリモージュ(Limoges)のちょうど真ん中あたりに位置します。


実はこの町は15世紀からタピスリー(英語のタペストリー)という織物で知られています。タピスリーは美しい模様を織り込んだ大きな布で壁掛けとして使われます。お城などの壁に絵画のように掛けられたものがそれです。
もともとフランスでは、北部のフランドルがタピスリーで栄えましたが、その技法が各地に伝わり、フランドル以外でもタピスリー製造が発達した場所がいくつかあります。オービュッソンもそのひとつで、2009年には、ユネスコの無形文化遺産指定を受けています。



さて、このオービュッソンで、なんと、宮崎駿監督作品がタピスリー化されることになりました!


609.jpg

タピスリーになる予定の『ハウルの動く城』一場面 ©Studio Ghibli


最初に取り掛かる作品は『もののけ姫』(1997)の一場面。森の中、水のほとりでアシタカが傷の痛みを鎮めようとしているシーンです。緑あふれる背景に光と影の対比が決め手となり選ばれました。(この場面の映像はこちらのフランスアンフォサイト でご覧になれます)4.6m×5mのサイズで織られるというタピスリー。壁に掛けられたら、森の中に迷い込んでいくような気分になることでしょう。糸や色の選定、カートンと呼ばれる織り機のプログラム作りなど多くの作業を経て、2021年3月から制作がはじまります。


『もののけ姫』のあとは、『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『天空の城ラピュタ』からも場面が選ばれタピスリー化することが決まっています。合計4つの映画の中から5場面がオービュッソンでタピスリーとして描かれます。5枚すべてが織り上がるのは2023年末の予定ですが、1枚ずつ完成する都度、オービュッソン国際タピスリーセンターla Cité internationale de la tapisserie d'Aubusson )で展示されることになっています。←このタピスリーセンターのリンクには、日本語サブタイトルつきビデオもありますので、ぜひご覧ください。オービュッソンで織り手として頑張っていらっしゃる許斐愛子(このみあいこ)さんも出演していらっしゃいます。


2023年、すべてのタピスリーが揃うころには、自由にフランスと行き来できるようになっていることを願いつつ。


(冠ゆき)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について