トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.601クスクスがユネスコの無形文化遺産に!

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.601クスクスがユネスコの無形文化遺産に!

カテゴリー:お知らせ / レストラン・料理・食材 投稿日:2020年12月19日

北アフリカの代表料理クスクス(couscous)が2020年12月16日ユネスコの無形文化遺産に登録されました!アルジェリア、モロッコ、モーリタニア、チュニジアの4ヵ国共同での登録となります。北アフリカの料理ですが、フランスではすでにピザと同じくらい市民権を得ている料理。レストランのメニューでもよく見かけますが、家で作る人も少なくありません。


601.JPG

クスクス料理 ©Kanmuri Yuki

どういうものかというと、玉ねぎや人参、ズッキーニ、かぶら、パプリカなどいろいろな野菜と鶏肉や羊肉、ひよこ豆を、ラスエルハヌート(Ras El Hanout)などのクスクス専用のスパイスで煮たものと、焼いたメルゲズ(スパイシーな羊肉ソーセージ)、フランス語でスムール(semoule)と呼ばれる硬い小麦の粒とともに供する料理です。


巷では、スムールとクスクスが混同されることがあるようですが、クスクスとはあくまで料理の名前で、一緒に食べるつぶつぶの小麦(=スムール)のことではありません。


クスクスのスパイスに使われているのは、クミン、シナモン、ジンジャー、コリアンダー、カルダモン、ナツメグ、胡椒、ターメリックなどを組み合わせたものです。


クスクスはおなかがいっぱいになる(なりすぎる?)!というイメージがありますが、それはスムールの量とメルゲズの量で調整可能!実のところは、たくさんの種類の野菜をたっぷり食べることができ、案外日本人好みの料理なのではないかと思います。好みによって辛いハリサなどを足して食べますが、辛いのが苦手な方は足さなければいいだけで、問題なく召し上がれる味でしょう。


クスクスの起源はベルベル人と考えられており、歴史は1000年も続くと見られています。それだけ長く広く伝わってきた料理なので、一家にひとつクスクスのレシピがあると言われるくらい多種多様でもあります。地域によっては魚のクスクスもあり、これまたなかなかおいしいものです。


最近では日本でもクスクスを供するレストランがあるようですし、機会があれば、ぜひ皆さんも一度「無形文化遺産」の味をお楽しみください。

(冠ゆき)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.601クスクスがユネスコの無形文化遺産に!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について