トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.599明日解禁!仏ボージョレ・ヌーヴォー

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.599明日解禁!仏ボージョレ・ヌーヴォー

カテゴリー:お知らせ / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年11月18日

毎年11月第三木曜に解禁となるフランスの赤ワイン、ボージョレ・ヌーヴォー。名前どおりボージョレ地方で作られる一番乗りの「新酒」で、赤ワインには珍しく若いうちが飲み頃。一般的なフランスの赤ワインより、軽くフルーティな味を特徴とします。


599.JPG

ルビー色のボージョレ・ヌーヴォー© Kanmuri Yuki


日本で人気のボージョレ・ヌーヴォー


このボージョレ・ヌーヴォー、本家フランスでももちろん一般常識として知られてはいますが、日本ほどファンは多くないような気がします。日本での人気の高さは、おそらくもともと「初物」を尊ぶ日本の土壌に、渋みの少ないフレッシュな味や、少し冷やして飲む点など、好みがマッチした結果なのでしょう。


初物好きが高じて、不思議な使い方をする人もいるようですね。というのも、毎年この時期になると周りのフランス人の誰かしらに「日本人はボージョレ・ヌーヴォーのお風呂に入るんだって?」と聞かれ、閉口するのです。それもあり、これまでほとんどボージョレを話題にしたことはありませんでした。


新型コロナの影響


さて、コロナ禍ただなかの2020年ですが、今年もボージョレ・ヌーヴォーは作られています。解禁日は明日11月19日
とはいえ、新型コロナの影響も被っています。毎年約2000万本作られるボージョレ・ヌーヴォーですが、今年はレストランが軒並みロックダウンで閉まっているため、キャンセルが相次ぎ、20%は売り上げが落ちると見られています。


今年のボージョレの特徴は?


気になるお味ですが、近年の地球温暖化を受け、葡萄の糖分が増えていることから、ここのところ「丸みを帯びた」「香り豊かな」傾向が続いています。今年のボージョレについて専門家は、「黒スグリを思わせる色の濃さが美しい。バランスが取れていて、おそらく春ごろまで長く楽しめるワインだ」と評しています。ちなみに、同じボージョレ・ヌーヴォーでも、年によって味は異なり、2018年はバナナの香り、2019年はフリュイ・ルージュ(赤いベリー系果物)味が前面に出ていると評価されていました。


さてさて、今年のボージョレ・ヌーヴォーのお味はいかに?


(冠ゆき)

おもな参考サイト:Linternaute

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.599明日解禁!仏ボージョレ・ヌーヴォー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について