トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.569今夜はスーパームーン!2020年最大の月を愛でましょう

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.569今夜はスーパームーン!2020年最大の月を愛でましょう

カテゴリー:お知らせ / 自然・風景 投稿日:2020年4月 7日

今日2020年4月7日から4月8日にかけての夜、スーパームーンと呼ばれる満月が見られます。フランス語だと、Super Lune(シュペール・リュヌ)。ついでにいうと、4月の満月はピンクムーン(リュヌ・ローズ)とも呼ばれるので、シュペール・リュヌ・ローズということになります。


569.jpg

煌々と光を放つ満月©Kanmuri Yuki



地球と月の距離は、38万4400kmが平均。月の軌道は楕円なので、地球との距離は1年をとおして均一なわけではありません。月がその軌道上で地球に接近したときと、満月が重なるとき、スーパームーンが観測できるというわけです。パリ観測所によれば、具体的には月と地球の距離が36万km未満のときを、スーパームーンと呼ぶそうです(NASAの定義では、35万8000km未満だという記述もあります)。


2020年は、2月9日、3月9日、4月8日、5月7日、10月16日、11月15日にスーパームーンが観測できる計算ですが、その中でももっとも月と地球の距離が近いのが、4月8日の満月で、大きさでいえば平均より約7%大きく、明るさでいえば、30%明るいはずです。


時間はといえば、フランス時間で、4月7日18時10分~4月8日4時35分まで。
とはいえ、今現在フランス北部の日没時間は20時30分ですので、18時台はまだ明るすぎて観測は難しいでしょう。
夕方から曇りがちという予報でもありますが、雲の切れ間に窓からスーパームーンが見えることに期待しましょう。


ちなみに、ここ数年で一番大きかったスーパームーンは、2016年11月14日のこと。このときの月と地球の距離は35万6511kmしかありませんでした。


このスーパームーン、もちろん、日本でも見られます! 満月になるのは、日本時間の8日の真昼間のようですから、 8日の早朝、あるいは夕刻の月が一番大きく見えると思われます。


地球上でさまざまな憂いが絶えないこの頃、月を愛でる時間を持ち、癒しとしたいものです。


(冠ゆき)

参考記事:
Sciences et Avenir
Internautes
RTL

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.569今夜はスーパームーン!2020年最大の月を愛でましょう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について