トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.566フランスの新型コロナウイルス対策変遷+日本から観賞できるフランス紹介

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.566フランスの新型コロナウイルス対策変遷+日本から観賞できるフランス紹介

カテゴリー:お知らせ / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年3月20日

566.jpg

パリ市 © Kanmuri Yuki


新型コロナウイルス感染の広がりの推移


フランスで、最初に新型コロナウイルスによるフランス人死者が出たのは、2020年2月26日のことでした(それ以前に中国人観光客が1名死亡)。それからまだ1ヵ月もたたない今日3月20日。新型コロナウィルスによる犠牲者は372名、感染者合計は1万995名を数える感染拡大を見せています。


フランスでは、最初にクラスターの発生したオワーズ県や、モルビアン県で、集会を禁止たり、学校を休校にするなどの措置を取りましたが、他県への感染拡大を止めることができませんでした。


3月7日、屋内での5000人を超える集会禁止。
3月9日、屋内での1000人を超える集会禁止。
3月10日、屋内外を問わず1000人以上の集会禁止。
3月12日、全国の学校の3月16日からの休校を決定。必要でない外出を控えるように要請。
3月13日、100人以上の集会禁止。


こうしてみると、次々と迅速に手を打っているように見えますが、やはり、どの国もそうであるように、全世界的な感染の速さを鑑みれば、どの時点の決定も、後手後手に回った印象は否めません。



外出禁止令と国民の危機感のギャップ


何より問題なのは国民の危機感がまったく上がっていなかったことで、上の対策に続き、


3月16日、外出禁止令(3月17日正午から施行)


が発表されてからも、パリ脱出をはかる人々や、買い占めに走る人々で、駅やスーパーは大混雑。かえって感染が拡がるのでは、と危惧されるほどの騒ぎとなりました。


3月17日正午外出禁止令施行がはじまってからも、なぜそれが必要なのかという意味を解さない国民が多く、いつもと同じように遠くまでサイクリングへ行ったり、バカンスさながらビーチへ出かける人もいて、当初€38からとされていた罰金額は、早々に€135~375に引き上げられることに。とうとう昨日は、ビーチ立ち入り禁止令まで出てしまいました。


EUは遠くなりにけり


ご存じのように、外出禁止令と同時に、非EU国籍人のEU圏への入域も禁止されました。外出禁止令のほうは当面2週間(しかし、すでに必要延長期間についての議論が始まっています)、EU圏封鎖は30日間を目安としています。


もちろん、これは、ヨーロッパに限ったことではなく世界的な動きです。どの地域、どの国も、見事なまでに次々と扉を閉めていっており、新型コロナウイルスが及ぼす世界への影響が計り知れないものとなる予感は、世界中どこでもひしひしと感じられる状況です。


飛行機に乗りさえすれば世界中どこにでも足を運べる感覚だった、つい2ヵ月前を思うと、どなたも隔世の感があることでしょう。


日本から触れられるフランス


当面、外国自体が遠くなってしまった日本。
けれども幸いなことに現代では、その日本からもフランスを観賞する方法がいくつかあります。


【映画やドキュメンタリー】


INA(フランス国立視聴覚研究所)は、外出禁止令に合わせて、映画だけでも1万3000本という豊富なアーカイブの視聴を3ヵ月無料で提供しています。サイトはこちら


【音楽】


うれしいことに、パリ・フィルハーモニーはこれまでに公演したコンサートの動画を公式Webサイト で公開しています。


音楽家のなかにもそれぞれのTwitterやFBページで、ミニコンサート動画を公開している人が少なくありません。例えば、ヴァイオリニストのルノー・カピュソン や、イタリアのテノール歌手マウリツィオ・マルキーニ らが、自宅で録音した音楽を披露しています。


また、パリのオペラ座は、週替わりで、『マノン』『ドン・ジョヴァンニ』『白鳥の湖』などのバレエ舞台を公開しています。実は、こちらはフランス国内からしか視聴できないのですが、在仏邦人の方のために書いておきます。視聴はこちらのWebサイト (日本からは見られません)


【美術館・博物館】


美術館をオンラインで、というとまずGoogle Art & Culture 。多くのモニュメントを訪れることができます。


そのほかにも、美術館のサイトから、オンライン・ヴィジットできるところもいくつかあります。おもな施設を下に挙げておきましょう。


オルセー美術館はこちら
ヴェルサイユ宮殿はこちら
ルーヴル美術館はこちら といった具合。


うれしいことに、しばらく前から作品のデジタル化を進めてきたパリでは、パリ・ミュゼ(Paris Musées)のWebサイトで、15万を超える作品のテーマ別観賞も可能です。Webサイトはこちら


私も何度か紹介してきたフランス北部ルーベのラ・ピシーヌ工芸美術館も、ヴァーチャル・ヴィジットを提供しています。こちらのページ(英語) 右下にある「Virtual Visit」をクリックしてみてください。


【図書館のアーカイブ】


フランス語ができる人限定ですが、フランス国立図書館も、多くの蔵書をデジタル化しており、こちらのページから 600万点を超えるアーカイブを読むことができます。


国が内向きになり、組織が内向きになり、個人が内向きになりがちな今日この頃。こんな時こそ、外にも目を向けて、心の栄養を吸収したいものです。
上のWebサイトがその一助になれば幸いです。


(冠ゆき)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.566フランスの新型コロナウイルス対策変遷+日本から観賞できるフランス紹介

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について