トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.526マティス美術館庭園を占拠する真っ赤な彫刻!

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.526マティス美術館庭園を占拠する真っ赤な彫刻!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年8月 7日

画家アンリ・マティスといえば、鮮やかな色彩、シンプルな切り絵、迷いのない力強い線などが頭に浮かびます。南仏で過ごした晩年のせいか、つい南のイメージと重なりますが、実は、その生まれは、フランス北部のことでした。


526-1.jpg


ル・カトー・カンブレジ©Kanmuri Yuki


ちょうど150年前にマティスが生まれたル・カトー・カンブレジ(Le Cateau Cambrésis)は、今でこそ人口7000人余りの小さな町ですが、一時はカンブレ(Cambrai)大司教の邸宅もおかれた重要な町でした。
そのフェヌロン邸(Fénelon)は、いま現在マティス美術館となっています。


526-2.jpg

フェヌロン邸©Kanmuri Yuki


このル・カトーのマティス美術館は、なかなか面白い特別展を毎年企画していて、これまでも何度か取り上げて書いてきましたので、興味のある方は是非読んでみてください。


「フランスの北の端と南の端に美術館を持つマティスの魅力」


「マティスの生まれたフランス北部小さな町の大きな夢」


「頭が凝り固まってきたら、現代アートでブレイクスルー」


「マティスの生まれた町ル・カトー・カンブレジで見るマティスの版画展」


「力強いアートと美味しいビール。目と舌でベルギーを満喫できるイベント」


「アレシャンスキ展フランスではまだまだ続きます」


さて、先日久しぶりに夏の午後を過ごしにル・カトー・カンブレジへ赴いたところ、マティス美術館の庭園に、真っ赤な巨大な彫刻が出現していました。


526-3.JPG

思わず二度見した庭園 ©Kanmuri Yuki


なんともどぎつい色で、一気に目が覚めるこの彫刻。作者はベルギー、オーステンデ生まれのウィリアム・スイートラヴ(William Sweetlove)。彼の狙いは、過剰生産、過剰消費への対抗策としてのアート。彼の彫刻を目にすることで、鑑賞者が、将来に不安を感じ、日常を見直すことを期待しています。


526-0.jpg

赤いカラスの会合?©Kanmuri Yuki


確かに、これだけ大きく目立つ色の彫刻は、実際通りかかる人すべての注意を惹きつけますし、皆、いったいどういうことだろうと、考えずにはいられないことでしょう。


このあたりが、美術とアートとの違いなんだろうなぁ、と私も改めて納得した気分になりました。


526-5.jpg

フェヌロン邸庭園をバックに©Kanmuri Yuki


この巨大彫刻の展示は、今年2019年12月30日まで続きます。
庭園の入場は無料です。ピクニックがてらいらっしゃるのもお勧めです。


マティス美術館

住所:Palais Fénelon, Place du Commandant Richez, Le Cateau-Cambrésis
開館日と時間:火曜日以外の10時~18時
入場料:6ユーロ(26歳未満は無料)


(冠ゆき)


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.526マティス美術館庭園を占拠する真っ赤な彫刻!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について