トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.517猛暑のヨーロッパ、涼しい場所はどこ?日本と異なる注意点も!

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.517猛暑のヨーロッパ、涼しい場所はどこ?日本と異なる注意点も!

カテゴリー:天気・気候・気温 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年6月25日

今週いっぱい猛暑に襲われる見込みのヨーロッパ。フランスでも、比較的北部に位置するパリでさえ、35度を軽く上回る気温が予想されています。


【フランスならではの注意点】


日本と比べれば湿気も少なく、過ごしやすいさ!とはよく言われることですが、実は、日本より暑さが身にしみる点もあるのです。特に忘れてはならないのが次の三点。


1)日が長い


緯度の高いヨーロッパは、夏冬の日照時間数の差が、日本とは比較にならないほど大きいのです。夏至の頃の日の入りは夜10時。したがって、夜の7時、8時はまだまだ日が高く、気温も高い時刻。日本のような「夕涼み」は期待できません


2)冷房のある施設が少ない


日本だと、暑くても、電車に乗ったり、お店に入ったりすれば、冷房が効いていますが、ヨーロッパの場合、場所にもよりますが、冷房のないお店、交通機関は珍しくありません。いざという時、ほてった頭や体を急速に冷やすのは難しいので、できるだけ体温を上げないよう、気をつけましょう。


3)冷たい飲み物は簡単に手に入らない


言わずと知れたことですが、フランスにはコンビニも自動販売機もありません。また、飲食店の開店時間も、日本と比べると制限されています。冷たい飲み物どころか、飲み物自体、欲しい時にすぐに手に入るものではないことを意識して、最低ミネラルウォーターの小ボトルくらいは、常時携帯するようにしましょう。


【基本の涼しい場所】


その上で、比較的涼しい場所を挙げるとすれば、


1)スーパーマーケット、ハイパーマーケット


食料品売り場のあるスーパーやハイパーマーケットには、さすがに冷房が備わっています。座って涼むような場所はありませんが、ゆっくり売り場を歩いて買い物をすれば、涼をとることはできます。


2)海辺


風の絶えない海辺は、日向さえ避ければ、意外と内陸部よりも過ごしやすいものです。後述しますが、パリから一番近いノルマンディの海が、昔からパリっ子たちの避暑地なのはそういう理由です。


3)教会


天井が高く、窓が小さく、陽光が入りづらい教会、中でもカテドラル(大聖堂)のような大きな教会は、外の気温の影響を受けにくいため、夏でもひんやりとした空気が残っています。教会はすべての町にありますから、暑さでたまらない時は、涼をとるつもりで中に入るのも一案です。


517-1.JPG

夏でも涼しい教会内 ©冠ゆき


【フランスの涼しい地方】


では、地理的に、フランスではどこが涼しいのか?
もちろん、時と場合によりますが、フランス内陸部と比べて、気温の低い確率が高い場所ナンバーワンは、ブルターニュ地方です。


今週の熱波も、ブルターニュだけは例外で、南部では39度の予報が出ている金曜土曜でも、最高気温が20度までしか上がりません。


同じく、ノルマンディ地方も、海に近い場所は、涼しめです。
パリから最も近いノルマンディの海辺、トゥルーヴィル(Trouville)・ドーヴィル(Deauville)については、こちらの記事 をご覧ください。


517-2.JPG

ドーヴィルの海辺 ©冠ゆき


ノルマンディより北方のオパール海岸沿いも、暑さをしのぐのに最適な場所です。
たとえば、ル・トゥケ・パリ・プラージュ(Le Touquet Paris Plage)は、最近マクロン仏大統領が住んでいることで注目されていますが、それより前から、モナコ公に愛された海辺の町でした。ル・トゥケについては、こちらの記事 をご覧ください。また、季節は異なりますが、こちらにも 紹介しています。


517-3.jpg

ル・トゥケの海岸 © Olivier Caenen


更に北方、オパール海岸の絶景が望めるブラン・ネ岬(Cap Blanc-Nez)とグリ・ネ岬(Cap Gris-Nez)もまた、涼しい場所の代表です。猛暑の今週も、土曜日に28度が見込まれているほかは、最高気温20度前後と、涼しい予報です。ブラン・ネ岬、グリ・ネ岬の絶景は、こちらの記事 をご覧ください。


517-4.jpg

ブラン・ネ岬©Eric Desaunois


【ヨーロッパの涼しい国々】


ではヨーロッパで涼しい国はどこか?
これはもう、みなさんのご想像通り。
北欧、バルト三国、スコットランド、アイルランド、アイスランドなどの島国が涼しい国の代表です。


例えば、こちらの記事で紹介したデンマーク・オーフス(Arhus) は、猛暑の今週でも最高気温は25前後。最低気温は11度まで下がる日もあるので、冷房がなくても十分しのげそうです。


こちらで紹介したヴァイキング遺跡の残るイェリング(Jelling) も同様で、一番暑い28度が予想される日曜日でも最低気温は13度まで下がりますし、そのほかは、25度以下の日が多く、それほど熱波の影響は強くなさそうです。


517-5.JPG

デンマークの海を見つめるMen at Sea,写真©冠ゆき


東欧は、西欧と比べれば涼しい地域ですが、北欧にはかないません。それでも、こちらで紹介したポーランドの首都ワルシャワ では、今週の30度越え予報は火曜水曜の2日のみ。あとは25度を下回る最高気温です。


517-0.jpg

ワルシャワのワジェンキ公園 ©冠ゆき


また、忘れられがちですが、西欧でも、北部は割と涼しめです。
フランス北部からなら、日帰りも簡単にできるオランダは、週末の避暑旅行にもお勧めです。例えば、こちらの記事で紹介したチーズの町エダム(Edam) ですと、今週も30度越えは今日火曜日のみ。あとは、最高気温は20度前後に下がり、土曜日に29度とまた少し上昇するものの、最低気温は18度なので、楽に過ごせる気候です。


517-7.JPG

オランダの町 ©冠ゆき


ご旅行中の方、また夏フランスへいらっしゃる予定の方、猛暑と重なる場合は、どうぞ無理をされず、少々予定を変更してでも涼を取ってください!元気にご帰国されるまでが旅行であることをお忘れなく!


(冠ゆき)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.517猛暑のヨーロッパ、涼しい場所はどこ?日本と異なる注意点も!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について