トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.511ノルマンディ上陸D-Dayから75年の記念式典開催

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.511ノルマンディ上陸D-Dayから75年の記念式典開催

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年6月 5日

第二次世界大戦中、連合軍がイギリスからドーヴァー海峡を渡りフランス北西部へ上陸したいわゆる「ノルマンディ上陸作戦」(正式名称ネプチューン作戦)
連合軍上陸から、明日2019年6月6日で、ちょうど75年を数えます。


511-1.JPG

ノルマンディ上陸の遺物が残るアロマンシュの海辺© Kanmuri Yuki


その前夜である75年前の今日、1944年6月5日には、ネプチューン作戦開始を知らせる暗号として、ヴェルレーヌの詩「秋の日のヴィオロンの...」が、ロンドンのラジオで流されました。


この暗号については、『No.29 【コラム】秋の日のヴィオロンの..:もう一つの物語』 と、『No.30【コラム】トゥルコアンがドイツだったころを体現する博物館』 をお読みください)。



明日は、ノルマンディ上陸により多くの血が流れたビーチのひとつ、オマハ・ビーチの上にたつコルヴィル・シュル・メールの米軍基地で、記念行事が開かれます。
フランスのマクロン大統領、アメリカのトランプ大統領のほか、ヴェテランと呼ばれる当時の軍人も約10名参加する予定です。


人口わずか182人の静かな村コルヴィル・シュル・メールですが、明日の記念式典に先立ち、ただいま、芝を32ミリに揃えて刈ったり、12000脚のベンチを並べたり、オーディオ設備を調整したりと、準備に大わらわな様子が、昨夕のニュース で流れていました。


511-2.JPG

コルヴィル・シュル・メールの米軍墓地© Kanmuri Yuki


9387人が眠る米軍墓地については、こちらの記事『No.9【コラム】1914-1944-2014:その弐』 をご覧ください。


なお、連合軍上陸を怖れるドイツ軍が建設した「大西洋の壁」や、連合軍と連携してドイツ軍に対抗した「レジスタンス活動」などについて詳しくは下の記事をご覧いただけると幸いです。


『世界最初の弾道ミサイルが生まれた場所、大西洋の壁ブンカ―』
『No.20【コラム】ナチスドイツが夢のあと:「大西洋の壁」』
『No.38【コラム】昨日の奸賊、今日の英雄:レジスタンス活動家』
『No.39【コラム】昨日のエリート、今日の戦犯:レジスタンス弾圧事件「覚えておくことの義務」』
『No.56【コラム】フランス地方紙La Voix du Nord(北の声):非合法新聞の躍進』


(冠ゆき)


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.511ノルマンディ上陸D-Dayから75年の記念式典開催

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について