トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.507フランスの祝日「キリスト昇天の日」

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.507フランスの祝日「キリスト昇天の日」

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2019年5月29日

フランスには、一年に約13の祝祭日があります。「約」と書いたのにはわけがあり、フランスでも、北東部にあるアルザス=モゼルと呼ばれる地方はいささか事情が異なるからです。


また、13のうち必ず日曜日にあたるのが「復活祭」と「聖霊降臨の日」です。こちらを数えないとすると、残る祝日数は11日ということになります。


そのうち、カトリックに関する祝祭日は、6つ。そのうち3つが、移動祝日です。つまり、何月何日と決まっているのではなく、毎年日程が変動する祝日です。
ちなみに2019年の祝日については、こちらの記事 で紹介しましたので、どうぞ参考にしてください。


507.JPG

イエズス・キリストの処刑と復活

明日5月30日は「キリスト昇天の日」で、これも移動祝日のひとつにあたります。
ちなみに、後ふたつの移動祝日は、「復活祭」と、「聖霊降臨の日」です。
簡単に説明すると、

「復活祭」は、毎年3月21日以降最初の満月につづく日曜日。
「キリスト昇天の日」は、復活祭から数えて40日目。そのため、毎年木曜日です。
「聖霊降臨の日」は、復活祭から数えて7つ目の日曜日。


政教分離の進んでいるフランスで、カトリックの祝日がいまだに祝われるのは、歴史的文化的理由によります。
大まかに説明すると、1789年のフランス革命により、フランスには、宗教的な慣習を一気に捨て去ろうする動きが高まりました。これを憂えた当時のローマ法王ピウス7世は、1801年、ナポレオン・ボナパルトとコンコルダートを結びます。その中で定められたのがカトリックの四つの祝日:クリスマス(12/25)、キリスト昇天、聖母被昇天(8/15)、全聖人の祝日(11/1)の復活でした。その後1905年にフランスでは政教分離法が成立しましたが、これらの祝日は今もってフランスでは祝日とされています。
実は、2003年、2012年と最近になって、「キリスト昇天の日」や、「聖霊降臨の日」を祝日でなくそうという動きもいくつかあったのですが、いまのところ、まだ祝日と捉えられています。


特に「キリスト昇天の日」は木曜日なので、金曜も休みにして四連休とする企業や学校も少なくありません。夏前の小旅行に出かける国民も多いので、旅行中の方は、交通機関の混雑にお気を付けください。


また、祝日とはいっても、クリスマスや復活祭ほどのインパクトはないため、パリの百貨店やショッピングセンターは、ほぼどこも開店していますし、博物館・美術館も開館していますのでご安心ください!


(冠ゆき)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.507フランスの祝日「キリスト昇天の日」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について