トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.491今年70周年を迎えるエマウス、春の大市開催!

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.491今年70周年を迎えるエマウス、春の大市開催!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2019年3月26日

これまでも何度か紹介してきましたが、毎年三月、フランス北部では、人道的活動団体エマウス(Emmaüs)が、春の市を開きます。


491-1.jpg

エマウス春の市ポスターConception: Emmaüs Nord Pas-de-Calais/Picardie


*ちなみに、エマウス誕生の背景については、以前No.84【コラム】フランスの善意を呼び起こした人:ピエール神父とエマウス協会 にまとめましたので、どうぞそちらをお読みください。


上の記事にも書いたように、ピエール神父がエマウス運動を始めたのは1949年のこと。今年はちょうど70年の節目となります。それを記念し、今年の春の市はさまざまなイベントをプラスしたちょっと特別感あるものとなります。


例えば、フランス北部のジェアン(巨人)たちもパレードとダンスを披露の予定です。ジェアンの中には、ピエール神父をモデルにしたシュティ・アンリ(Ch'ti Henry)も登場します(上のポスターに乗っているジェアンです)。また、ちょっとした喜劇や音楽も演じられます。

491-2.JPGのサムネイル画像

おらが町のジェアン(巨人)たち


また、ピエール神父が生前訪ねた国々で撮った写真70枚の展覧会『カメラマン、ピエール神父:世界に向けられた目(L'abbé Pierre photographe: un regard sur le monde)』も同時に開催されます。写真も、写真とともに展示されるピエール神父が使用したカメラやランプなども、普段は、ピエール神父の亡くなったノルマンディの小さな村エストゥヴィルに置かれているものです。ピエール神父の目を通して、世界を見る機会です。


春の市では、3500平方メートルの広さを使い、家具から、装飾品、電化製品、食器、コンピュータ機器、本、おもちゃ、衣類など、ありとあらゆるものが並ぶ予定です。この市の収益は、同団体により人道的目的に使われます。


さあ、春の掘り出し物を見つけにいきませんか?


場所:リールの旧サン・サヴァー駅 (Gare Saint-Saveur)
住所:Boulevard Jean-Baptiste Lebas, Lille
日時:2019年3月30日(土)9時30分~18時30分。
入場料:1ユーロ。
電話:03 20 40 90 89


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.491今年70周年を迎えるエマウス、春の大市開催!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について