トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.470仏レースのふるさとで見る20世紀前半のモード変遷

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.470仏レースのふるさとで見る20世紀前半のモード変遷

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年1月15日

フランス北部の特産品のひとつにレースがあります。特に、商品登録されているカレーとコードリのリバーレースは、いまだにオートクチュールや高級プレタポルテに引っ張りだこのクオリティを持つレースとして知られています。


470-1.jpg

1920-30年代のリバーレース、E. Beauvillainコレクション、Collection du Musee © P. Auvé

そのうちカレーのレース・モードセンターが開くエキスポについては、これまで何度か紹介してきましたので、今回は、コードリのレースと刺繍博物館を紹介したいと思います。

 *参考:これまでに書いた関連記事*

「No.67ミス・フランス、ミス・ユニヴァースとなるか?地元のレースを使ったドレスに注目!」

「No.427フランス北部の港町カレーの特産品は、繊細なアレ!」

「フランス北部でレース編みのミュージアムを見学!レースのふるさとを巡る旅」

「セクシーにもロマンティックにも。春夏の流行「レース」の魅力」

「オードリーも愛したドレス。フランスでジバンシィ回顧展」

「ため息を誘う精緻さ。ハイブランドのレースドレス初の一般公開」


470-2.jpg

Esprit de Mode展ポスター


おりしも、同博物館では、現在1915年から45年のモードを振り返るEsprit de Mode (エスプリ・ド・モード)1915-1945展を開催中です。
下に、その流れを大まかにまとめてみましょう。


【1910年代】


フランスでは、20世紀初頭、女性のファッションが大きく変化しました。それまで使うのが当然であったコルセットをなくすことで、自然なラインが生まれたのです。当時のパイオニア的デザイナーの一人であったポール・ポワレ(Paul Poiret)は、ハイウエストなパステルカラーのドレスを多く製作しています。


【1920年代】


470-3.jpg

1920-30年代のリバーレース、E. Beauvillainコレクション、Collection du Musee © P. Auvé


アールデコの流行と相まって、1920年代のモードは、直線的で飾りの少ないものへとなっています。ローウエストの膝丈で胸の開きも大きいドレスが生まれます。
レースのモチーフも同様で、アールデコの影響を受けたものが多く作られました。
また、それまで喪服に限定されていた「黒」も、ココ・シャネルにより、シックでエレガントな色と見られるようになります。


【1930年代】


470-4.jpg

1930年代のソワレ© P. Auvé


1929年の世界恐慌の影響により、モードにも、伝統性に一目置く風潮が戻ります。女性のドレスも、自然なシルエットを生かすものに変わります。


【1940年代】


470-5.jpg

1940年代のカクテルドレス© P. Auvé


第二次世界大戦の影響を濃く受けたこの時代、材料が限られていたため、リサイクルも多くなされました。自己を肯定するような確固としたシルエットが生まれ、肩を強調し、ウエストをしっかり締めたドレスが主流となります。


僅か三十年の間に、これらの変遷を遂げた女性のファッション。こうしてざっと見るだけでも、時代の影響の大きさに驚く思いがします。


エスプリ・ド・モード展は、2019年9月15日まで開催4月には展示品の入れ替えがありますので、二回楽しめるエクスポです。


470-6.jpg

コードリの博物館前、レースを持つ彫像


なお、同博物館には、リバーレースを製造するために必要な機械類が展示してあり、職人のデモンストレーションも見ることができます。巨大なマシンから繊細なレースが生まれ出るところは、なかなかの見物。見学の際は是非デモの時間もチェックしてください。


コードリのレース刺繍博物館

住所:Place des Mantilles, 59540 Caudry
フランス国鉄Caudry駅より徒歩20分
平日:9時-12時、14時-17時
土日祝:14時半―18時
休館日:火曜
入館料:3ユーロ


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.470仏レースのふるさとで見る20世紀前半のモード変遷

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について