トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.433今世紀最長の皆既月食、フランスでの観測は?

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.433今世紀最長の皆既月食、フランスでの観測は?

カテゴリー:天気・気候・気温 / 自然・風景 投稿日:2018年7月26日

今週末は今世紀で一番長く続く月食が観測できる日です。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニア、南米で観測が可能とあり、日本でも話題になっていると思います。
完全に月が隠れるのは1時間42分57秒ですが、前後も併せれば、6時間以上の月食となります。


433.JPG


フランスで、皆既月食が観測できるのは、明日7月27日(金)、日没後の21時半から23時13分まで。月食が完了するのは、28日午前1時28分です。フランスのどこで見るかによって、多少のずれがあります。


この月食のパリとその近郊のお勧め観測場所を20minutes紙がまとめていましたので、下に紹介しましょう。


1) ラ・ヴィレット La Villette の緑地地帯 prairie du Cercle



ラ・ヴィレットは、パリの北東部にあります。地下鉄でいえば、5番線のPorte de Pantinか、7番線のporte de la Villetteが最寄り駅となります。


2) 天体観測クラブLe Télescope



住所は、103 Avenue Georges Gosnat à Ivry-sur-Seine。パリのメトロ7番線 Marie d'Ivry が最寄り駅です。


3) 天体観測クラブAlbiréo 95



観測が行われるのは、Garennes de Presles。最寄り駅は、Presles-Courcelles。パリの北駅から、TransilienのH線で結ばれています。

前稿で書いたように、猛暑のフランス。日中の外出は控えて、夜の月食観測に予定を切り替えるのも良いかもしれませんね。


(冠ゆき)


参考記事:
Ouest France

20 minutes

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.433今世紀最長の皆既月食、フランスでの観測は?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について