× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.373フランスの美術館2017年度ランキング発表!

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.373フランスの美術館2017年度ランキング発表!

カテゴリー:お題 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年6月19日

『Le Journal des Arts(ル・ジュルナル・デ・ザール)』 は1994年創刊のフランスの雑誌。その名(直訳すると「美術の雑誌」)が意味する通り、美術関係のニュースを扱っており、美術関係者にも一目置かれています。


2017年度フランス美術館ランキング発表


この美術誌が、先日発表したのが、2017年度フランス美術館ランキング!


フランス国内の美術館を、属する自治体の規模によって大都市、中規模都市、小規模自治体の3つに分け、それぞれのカテゴリーで順位付けしたものです。評価基準は、訪問者数、その年度に開いた展覧会の質、また美術館内外での活動内容など、多岐にわたります。

それによれば、
大都市の美術館ランキング第一位は、リヨン美術館(Musée des beaux-arts de Lyon)


中規模都市の美術館ランキング第一位は、ルアーブル、アンドレマルロー現代美術館(Musée d'Art Moderne André Malraux du Havre)


373-1.JPG


小規模自治体の美術館ランキング第一位は、カトーカンブレジ、マティス美術館(Musée Matisse du Cateau-Cambrésis)


373-2.JPG


ルアーブル、アンドレマルロー現代美術館へは、ちょうど先日行ってきたところで、そのうちここでも紹介したいと思っていましたが、今日特にここで取り上げたいのは、小規模自治体の美術館ランキングです。


ル・カトー・カンブレジ、マティス美術館については、これまでも何度か記事にしたことがありますが(フランスの北の橋と南の端に美術館を持つマティスの魅力マティスの生まれたフランス北部小さな町の大きな夢No.253マティスの生まれた町ル・カトー・カンブレジで見るマティスの版画展No.346アレシャンスキ展フランスではまだまだ続きます など)、地方にある美術館とは思えない充実したコレクションと芸術鑑賞にぴったりの素晴らしいロケーションが魅力です。


2017年度は、テロの影響を受け、観光客が大幅に減ったフランスでしたが、同美術館は、安定した入館者数(約54000人)を得ています。訪問客の国籍もさまざまで、その数38か国。また、南アフリカのヨハネスブルグで展覧会を開いたことも大きく評価されました。実際、アフリカ大陸でマティス展が開かれたのは初めてのことで、本物の作品が見られるということで、現地の若いアーティストたちが多く足を運び、成功裡に終わったイベントでした。


オー・ド・フランスの美術館が上位3位を占める!


ここで、ちょっと復習したいのが、フランスの行政地区。No.59No.209 でお知らせしたように、2016年からフランスの行政区は変更され、私の住むフランスの北端、ノール県は、パドカレー県、エーヌ県、オワーズ県、ソンム県とともにHauts de France(オー・ド・フランス)地方を構成しています。


そうして、上述の「小規模自治体の2017年美術館ランキング」では、一位のカトーカンブレジ、マティス美術館のみならず、二位、三位も、オー・ド・フランスの美術館が選ばれたのです!


二位は、ペロンヌの第一次世界大戦歴史センター(Historial de la grande guerre de Péronne) 。ソンムの戦いからちょうど100周年となる時期にあたることもあり、さまざまなイベントが企画され、多くの人が訪れました。


三位は、ギーズのファミリステール(Familistère de Guise)。No.362ユートピアを形にした男 で紹介した非常にユニークな歴史的社会的産物です。交通の便も良いとは言えない小さな町の博物館ながら、2017年度は、イル・ド・フランスの美術館と同等の6万6千人の訪問客を迎えました。


373-3.JPG


健闘したその他の美術館


ところで、小規模自治体の美術館ランキング(総数87)では、上位三位以外にも、オー・ド・フランスの美術館が健闘しています。


例えば、7位は、カッセル(Cassel)のフランドル美術館(Musée départemental de Flandre)


14位は、サール・ポトゥリ(Sars-Poteries)のガラス美術館ミューズヴェール(Musverre)


15位はバヴェ(Bavay)の古代フォーラム(Forum antique départemental de Bavay)


新地方オー・ド・フランスには、文化施設が豊富にあることがよく分かるこのランキング。オー・ド・フランスは、フランスのマクロン大統領が生まれたアミアン(アミアンについてはこちらの記事 )もあれば、夫妻が結婚式を挙げ、休暇や週末を過ごすル・トゥケ・パリ・プラージュ(トゥケについてはこちらの記事 )もある地方です。そのため、ジュルナル・デ・ザール誌では、将来は、ル・トゥケに「エマニュエル・マクロン」の名を冠した美術館ができるのでは、との予測もしています。


文化面でも今後目が離せないオー・ド・フランス。フランス旅行の際は、ぜひ足を運んでみてください。

(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.373フランスの美術館2017年度ランキング発表!