トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.348フランドル地方のお年玉は、お土産にもなる甘い○○

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.348フランドル地方のお年玉は、お土産にもなる甘い○○

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2017年1月 8日

2017年の幕開けから、早くも一週間が過ぎました。


1月6日はエピファニーで、厳密には、その日にガレット・デ・ロワ(galette des rois)を食べるのがフランス北部の風習ですが、1月中は、なんやかやと、ガレット・デ・ロワを囲んでの集まりがあります。(ガレット・デ・ロワの風習については、No.63 などをご覧ください)

63-3.jpg


先日ラジオで聞いたところでは、フランス企業の約半数が、社内でガレット・デ・ロワを食べるそうですし、当然、学校の給食にも出てきます。昨日立ち寄ったスーパーでは、入り口で、ガレット・デ・ロワの試食を配っていました。というのも、家庭で食べるのは、おそらく1月最初の日曜がピークだからと思われます。


ガレット・デ・ロワは、日本でも買えますが(No.65 をご参照ください)、作ってみたい!という方。最近こちらの記事レシピを載せましたので、チャレンジしてみてください。


また、同記事に書いたように、最近では、フランス南部で食べるガトー・デ・ロワ(gâteau des rois)が北上しており、パリでは数年前からじわじわ人気が出ているようです。でもまぁ、私の住む北の果てまではまだ来ないだろうと思っていたら、昨日、パン屋でブリオッシュ生地のガトー・デ・ロワを売っているのを発見してしまいました。ガトー・デ・ロワのレシピも上の記事 に書きましたので、気になる方はチェックしてみてください。


さて、実はここまでは前置きです。先週、別媒体に公開したもう一つの記事は、フランドル地方のお年玉に関するもの でした。一言で言ってしまえば、この地方では、伝統的に、お年玉は、おばあちゃんの手作りゴーフルだという話です。


348-1.JPG

手前2枚にはがした生地の間に右のペーストを挟み出来上がったのが奥のゴーフル


同記事にあるブリガン氏のお店のあるウプリヌ(Houplines)は、ベルギーと国境を接する町で、リル(Lille)から見れば北西にあります。人口8000人に満たない小さな町ながら、なかなか立派な市庁舎が目を惹きます。


348-2.JPG

ウプリヌの市庁舎


この市庁舎の設計者はアルベール・バール(Albert Baert)。19世紀終わりから20世紀にかけてフランス北部の町づくりや建設に関わった人で、ここでも何度か紹介した(例えばNo.14 )ルーベ(Roubaix)のラ・ピシーヌ工芸美術館(元は市営プール)を設計した人物でもあります。


ブリガン氏のLa Gaufre du Pays Flamand(フランドルのゴーフル)店 は、この市庁舎からすぐのところにあります。


348-3.JPG

氏愛用のゴーフリエ


住所は 4 rue Victore Hugo, Houplines
開業時間は、月―金:9時―18時半と、土曜:9時―12時。


地図で見ると遠く見えますが、リルから地下鉄とバスで行ける距離。メトロ2番線の終点St.Philibert(サン・フィリベール)で降りて、Erquinghem(エルキャンゲム)行き80番のバスに揺られること30分弱。Pont Casier(ポン・カジエ)停留所で降りれば、すぐの場所です。


348-4.JPG

80番のバス


電車代分、数ユーロ高くなりますが、Armentières(アルマンティエール)まで、SNCF(フランス国鉄)で移動して、そこから同じく80番バスに乗れば、もっと時間も節約できるわよと、お店のお姉さんが教えてくれました。


お店には、ゴーフリエ(ゴーフルの型)のちょっとしたコレクションも置かれています。また、ゴーフルのほか、この地方の特産品も並んでいます。


348-5.JPG

ゴーフリエコレクション


ブリガン氏のゴーフルには、オーソドックスなバニラ味とテンサイ砂糖味のほか、グランマルニエ味、シコレ味、スペキュロス味、スミレ味、モヒト味などなど多くのヴァリエーションがあります。ちなみに、私のお気に入りは、何度食べてもラム味です。ぜひお試しください。


1933年から変わらぬ無添加レシピですべて手作りのこのゴーフルは、リル近郊にも卸されています。卸先のリストはこちら 。常温で4週間ほどもちますので、お土産にもお薦めです。


フランス北部に寄られる方、今年のお年玉に、ひとついかがでしょう?


(冠ゆき)

フランス在住者、旅行者の役に立ちそうな情報は、twitter でも流しています。よろしければ、そちらもご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.348フランドル地方のお年玉は、お土産にもなる甘い○○

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について