トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.342フランス国鉄SNCFから注目のニュース3つ

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.342フランス国鉄SNCFから注目のニュース3つ

カテゴリー:お題 / 交通・鉄道・航空 投稿日:2016年12月 1日

2016年最後の一ヶ月を前に、フランス国鉄SNCFが発表したニュースを3つお知らせします。


342-1.JPG

フランス国鉄駅

1) 特急列車の遅れに伴う補償


12月1日から、TGVとインターシティ(Intercité)の30分以上の遅れは、例外なく補償されることになりました。


これまでは、SNCFに責任がない場合、例えば悪天候による遅れなどは、補償の対象ではありませんでした。けれども、今後は、どんな場合でも例外なく補償請求できるようになるわけです。


具体的には、30分から2時間の遅れまでが、切符の値段25%の払い戻し
2時間から3時間の遅れで50%、3時間以上で75%の補償となります。


手続きはネット上こちらのサイト からできます。


342-2.JPG

TGV(左側)


2)3月18日の週末の大工事


春休みにフランス旅行を考えている方はご注目。3月18-19日の週末、大工事のため、パリのリヨン駅とベルシー駅は全面閉鎖となります。


TGV、インターシティ、TER、Transilien、RER D線が影響を受け、列車はキャンセル、あるいは、別な駅発着となる予定です。
RERやTransilienのR線は、不通区間も出ると考えられますので、旅行予定を立てる方はご考慮ください。


RER A線とメトロには影響がない予定です。


3/17の夜中0時から3/19夜中0時まで48時間かけて400人がかりで行うというこの大操作、無事に終わると良いですね。


当日は、赤いベストを来た係員が、駅周辺で利用客の案内をする予定。また、詳しい情報は、12/18以降に流れるということ。


3)2024年までに160の駅を身障者仕様に


統計によれば、一日500万人の身障者と200万人のベビーカー使用者がフランス国鉄を利用しているそうです。
それにもかかわらず、フランスの交通機関や駅は、あまり親切にはできていないというのが現状です。
そのため、これから2024年までに8億2千万ユーロをかけて、主にTGVやインターシティの着く駅を利用しやすい仕様に変えていくという発表がされました。
しっかり実行してほしいものです。


(冠ゆき)

フランス在住者、旅行者の役に立ちそうな情報は、twitter でも流しています。よろしければ、そちらもご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.342フランス国鉄SNCFから注目のニュース3つ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について