トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.333この秋、お菓子に迷ったら「ミルフイユ」!

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.333この秋、お菓子に迷ったら「ミルフイユ」!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 投稿日:2016年9月22日

パイ生地とカスタードクリームを重ねたお菓子、ミルフイユ(Millefeuille)。「千枚の層」という意味通り、基本的には、さくっとしたパイ生地としっとりしたクリームが、何層にも重なっているお菓子です。


日本語ではミルフィーユと表記されることが多いですが、ミルフィーユだと、mille filles(娘1000人)となってしまい、フランスでは通じませんのでご注意を。むしろ「ミルフイユ」に近く、「フ」の[ f ]にだけ気を付けて上前歯が下の唇に軽く触れるように発音すれば通じます。


さて、このお菓子、Le Cercle des Gourmands(食いしん坊サークル)サイト によれば、その誕生は1867年。当時パリのバック通り(rue du bac)に店を構えていたスウニョ(Seugnot)氏が生みの親だそうです。周知のごとく、今ではフランスを代表するお菓子のひとつになっています。


外国では「ナポレオン」という名でも、知られているようです。私が以前暮らしていたポーランドでも、このミルフイユの層がないもの、つまり一番上と下がパイ生地で、間にクリームがしっかり詰まったお菓子「ナポレオン」をよく見かけたものです。


333-1.jpg

ところで、実は2008年から、毎年秋「ミルフイユの月」オペレーションがフランス全国のお菓子やさんで催されています。9回目となる今年2016年は、9月17日から10月16日まで。その間、期間限定の「変わりミルフイユ」3種が全国2000のパティスリー店で、売られています。


今年の変わりミルフイユは次の三種:


・ルバーブと苺のコンポートとヴァニラクリームを組み合わせたミルフイユ、
・カリッとしたレモンのメレンゲと白チーズムースを組み合わせたミルフイユ、
・プラリネムースとラズベリーをお米のパフと組み合わせたミルフイユ


333-2.jpg


どれも、相反する食感や味を組み合わせてあり、新しい味覚の発見ができそうで、魅力的です。


この秋、お菓子選びに迷ったら、ミルフイユを選んでみるのも良いですね。
今フランスにいるラッキーな方は、こちらのサイトの地図 から、お近くの参加パティスリー店を探してみてください。

(冠ゆき)

フランス在住者、旅行者の役に立ちそうな情報は、twitter でも流しています。よろしければ、そちらもご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.333この秋、お菓子に迷ったら「ミルフイユ」!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について