トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.136英仏海峡の向こうはコジーな魅力にあふれたイギリスの田舎:カンタベリー、ライなど

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.136英仏海峡の向こうはコジーな魅力にあふれたイギリスの田舎:カンタベリー、ライなど

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年4月16日

No.135 に書いたように、フェリーやユーロラインのバス、ユーロトンネルで、イギリス・ドーヴァーへ渡ったとして、どこに行けば?という方、ご安心ください。


 イギリスの田舎には、観光に値する場所があふれんばかりです。


 ドーヴァーの絶壁の上には、ドーヴァー城。

136-1.JPG

 ドーヴァーの近くは、他にも多くの城が残っています。


 また、少し北上すれば、英国教会の中心となるカテドラル(大聖堂)で有名なカンタベリー

136-2.JPG

 カンタベリーは、カテドラルだけでなく、町並みも美しく、時間を掛けて散策したい町です。


 フランスから見て、イギリスの魅力は、そのcozy(コジー)なセンス。決して豪華ではないのだけれど、心も身体も暖まるような居心地の良さを感じるセンスは、イギリス独特のものだと捉えられています。

136-3.JPG

 そのコジーな魅力をより強く感じるのは、やはり田舎の町でしょう。

 ドーヴァーから近いところでは、Rye(ライ)もその一つ。今は陸地に囲まれていますが、かつては海に面した港として栄えた古い町です。その歴史は、実は、フランスのノルマンディと深くつながっています。

 そのことがよく分かる地図も町中に立っていました。

136-4.JPG

 現在博物館となっている塔は、ライに残る最も古い建築物の一つ。イープル・タワーと呼ばれています。イープル(Ypres)というのは、フランス国境に近いベルギーの町のフランス語名。15世紀にこの塔に住んだ貴族がジャン・ド・イープルという名前であったことと関係するのかもしれません。

136-5.JPG

イープル塔


 町は小高い丘のようになっていて、その上に建っているのが1150年に建てられたという聖マリア教会。

136-7.JPG

聖マリア教会


 11世紀から営まれているマーメイド・ホテルなど、どちらを向いても絵になる町並みが続きます。

136-8.JPG

136-9.JPG


 石畳の道は、中世に迷い込んだ気持ちにさせますが、歩きにくいことはこの上ありません。間違えてもヒールで散策しようなどと考えませぬよう!

136-10.JPG

(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.136英仏海峡の向こうはコジーな魅力にあふれたイギリスの田舎:カンタベリー、ライなど

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について