トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.129箪笥の奥に眠る1フランの出番!カランバールを買いましょう。

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.129箪笥の奥に眠る1フランの出番!カランバールを買いましょう。

カテゴリー:お知らせ / お金・通貨・両替 / レストラン・料理・食材 投稿日:2015年4月 5日

 フランスにユーロが導入されたのは、2002年1月1日のこと。では、それ以前に使われていたフランスフランはどこに行ったのか?


 フランス銀行が、フランスフラン硬貨をユーロに両替してくれたのは、2005年2月17日まで。お札はもう少し長く両替できましたが、これも、2012年2月17日をもって受付終了。以来、フランスフラン紙幣は両替不能な紙くずとなり果てました。


 しかしながら、世界中に散らばり、そのままユーロへ両替されずに終わってしまった紙幣と硬貨は40億フランに及ぶと見積もられています。


 その忘れられた「コイン」で、1か月間自社製品を買えることにしよう!と決めたのが、No.111 でご紹介したCarambarカランバール社。

111-1.jpg

 実は、この発表は4月1日にされたのですが、ジョークに長けた同社(No.111 参照)のこと、もしかしてまたエイプリルフール?と、用心しておりました。どうやら、本当のことらしいと判明しましたので、こうしてご紹介する次第です。


 『1フランのジョーク』と名付けられたこのオペレーション。4月1日から30日まで一か月続きます。

129-1.png


 プロモーションヴィデオは下の通り。なかなかいい作りです。



 『1フランのジョーク』に参加するパン屋へ行けば、1フランコインでカランバールが一本買えるというもの。参加しているパン屋は、こちら で検索できます。


 ここ、ノール県では、リール市のSpecq Bertrand(住所145, rue de Paris)で買うことができます。


 近くに店がない人は、1フラン硬貨を持って撮った写真をこちら から投稿すれば、カランバールを一本送ってくれます。


 一か月で集められたフランスフランは、病気の子供たちを和ませる団体「笑いの医者」に寄付されます。「笑いの医者」は、100人ほどの道化師でなる団体で、20年前から、全国の病院に入院中の子供たちに笑いを届ける訪問を年72000回も行っています。


 集まった硬貨のうち、状態の良いものは、収集家市場に回され、そうでないものは溶かされ、金属として新たな人生を歩むのだとか。


 1フランでカランバールを食べ、病気の子供たちにも笑顔を贈れるなんて、素敵な企画ですね!

(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.129箪笥の奥に眠る1フランの出番!カランバールを買いましょう。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について