トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.27 秋色満開!コート・デュ・ローヌ(フランス)

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.27 秋色満開!コート・デュ・ローヌ(フランス)

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 天気・気候・気温 / 文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年11月 4日

 11月1日の万聖節も終わり、ますます秋が深まるこの頃。そんな中、ローヌ川沿いの小さな町を訪れてまいりました。今日はこの歴史の眠る古い町、トゥルノンの秋をご紹介しましょう。

27-1.JPG
ローヌ川


 ローヌ川は、スイスからフランスに流れ入り、フランス国内では、リヨンから南のヴァランス、アヴィニヨン、アルルを経て地中海へと流れ込む河川です。このローヌ川沿いに広がる丘陵で収穫された葡萄で作られたのがコート・デュ・ローヌのワイン。私が一番好きなフランスの赤(ワイン)でもあります。

 今回訪れたのは、ヴァランスの北20kmに位置するトゥルノン。人口一万人あまりの小さな町ですが、その歴史は古く、紀元前三世紀頃とされています。

27-2.JPG
トゥルノン城

 ローヌ川沿いの県道と、川に近いわずかな平地を除けば、西側はすべて山で、斜面には葡萄畑が見られます。トゥルノンのワインは、八世紀のフランス王シャルルマ-ニュにも愛されていました。

27-3 .JPG

 トゥルノンには、中世前期より領主がいて、代々侯爵あるいは男爵の称号を持ち、広い領地を所有していました。

 現在残るトゥルノン城は、古くは738年にその記録が残っており、17世紀までトゥルノン伯爵が居住していた場所です。現在は博物館となっています。

  • 《開館時間》
  • 冬の間(11月8日から3月19日まで)は休館。
  • 3月20日から5月末と9月1日から11月7日までは水曜以外の14時ー18時。
  • 6月は毎日14時―18時。
  • 7-8月は毎日10時ー12時、14時―18時。

 16世紀の作である分厚い門扉は、かなり印象的。

27-4.JPG
16世紀の門扉

 城自体の保存状態も良く、中には、トゥルノンゆかりの人物や事物についての説明が展示されています。


 いくつかある城のテラスからは、ローヌ川と、向かいの町タンの葡萄畑を望むことができます。

27-5.JPG


 二つの町は、川を挟んですぐそこですし、歴史的にも深い関わりを持っていますが、現在は、ローヌ川が県境でもあるため、西のトゥルノン側はアルデッシュ県、東のタン・レルミタージュ側はドローム県に属しています。

27-6.JPG
手前が西のトゥルノン、川の向こう側が東のタン


 朝陽はトゥルノン側の丘陵を照らし、夕陽はタン側の丘陵を照らすため、城からは、夕暮れ時に美しい対岸の景観が堪能できます。


 トゥルノン城に隣接した聖ジュリアン教会も歴史が古く、14世紀には国内有数の教会の一つでした。今でも15世紀に作られた鐘を始めとして、16世紀の彫刻や17世紀の説教台が残っています。

27-7.JPG
聖ジュリアン教会


 1536年に18歳の若さで亡くなったフランソワ皇太子(国王フランソワ一世の息子)の遺体は、パリの聖ドニ教会に埋葬されるまで、11年間、この教会に安置されていました。


 トゥルノン城のテラスに上られたら、是非見ていただきたいもう一つのお薦めは、現在ガブリエル・フォーレ高等学校と呼ばれる旧コレージュ・ド・トゥルノン。1536年に創立されたこの高等学校は、フランスの地方に設立された最初の高等学校として有名です。通りからは、その重々しい校舎の外観しかわかりませんが、お城からですと、後ろに建つ美しいチャペルも愛でることができます。

27-8.JPG
ローヌ沿いに建つ旧コレージュ・ド・トゥルノン


27-9.JPG
旧コレージュ・ド・トゥルノンのチャペル


 上にも書いたように、トゥルノン城は、今週末から三月まで閉館となりますが、春以降リヨンやヴァランスにご旅行の際は、是非、寄り道を検討してごらんになってはいかがでしょう。
河畔や、葡萄畑の広がる山道を散策するだけでも、気分の良いものですよ。

  • 《トゥルノンへの行き方》
  • トゥルノン駅は現在貨物列車しか通りませんが、トゥルノンへは、対岸の町タン駅から徒歩10分で行くことができます。
  • ・パリ・リヨン駅からTGVでリヨン・パールディユー駅まで約2時間。→リヨン・パールディユー駅からタン駅までフランス国鉄で、約1時間(およそ片道80-110ユーロ)。
  • ・ヴァランス・ヴィル駅からタン駅までフランス国鉄で10分。(片道4.1ユーロ)


追記:この旅から戻った直後の11月3日よりリヨンから南のローヌ川沿いで、豪雨となっています。フランス時間11月4日朝9時現在、6500戸が停電しています。この雨は明日5日まで続く予報。幸い葡萄の収穫はすでに終わっていましたが、これ以上、洪水など被害が拡がらないことを祈るばかりです。
このサイト のフランス地図、オレンジ色の場所が、現在警報の出ている地域です。お近くに滞在中の方はくれぐれもお気をつけください。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.27 秋色満開!コート・デュ・ローヌ(フランス)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について