トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥールーズ特派員 > バイヨンヌ フランスバスク地方への玄関

フランスフランス/トゥールーズ特派員ブログ

バイヨンヌ フランスバスク地方への玄関

カテゴリー:スポーツ・観戦 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年1月 3日

ボルドー駅からもトゥールーズ駅からも直通電車で行けるバイヨンヌ駅。ローマ時代には貿易の港町として栄えた豊かなバスク地方の町。

DSC03005.JPG

鮮やかなバスク建築の集大成。この町にくると元気になります。バイヨンヌ駅は町のほぼ中央に位置するので、スーツケースで到着してもとても安心です。駅周辺にIBISホテル以外にたくさんの経済的なホテルがあるのも安心。

IMG_6635.JPG

バイヨンヌといえば生ハム、ショコラとバスク地方はどこにいっても美食の地域としておいしい旅ができるのも間違いなし。

IMG_4602.JPG

フランスで最も大きいといわれる回廊があるサント・マリー大聖堂  La Cathédrale Sainte-Marieは、ロマネスク様式の大聖堂跡に13世紀から14世紀にかけて建てられたゴシック様式の大聖堂が見事に融合した世界遺産には是非足を運んでください。

fullsizeoutput_31b4.jpeg

ポストカードや雑誌で必ずといっていいほどみかける、ニーヴ川沿いのバイヨンヌ の町のイメージ。バイヨンヌ はこの建物の裏エリアをプチバイヨンヌ と呼び、大聖堂、マルシェのある繁華街をグランバイヨンヌ と呼びます。
お店の多いグランバイヨンヌ が目立ってしまいますが、プチバイヨンヌ にはたくさんの歴史的建築物があります。


IMG_5736.jpeg

IMG_5737.jpeg

バスク地方の郷土スポーツとして有名なペロータは日本でも耳にしたことがあるかもしれません。トリンケ Trinquet は、少しペロータと競技ルールが違うようですが、バスク地方出身なら誰でも知っているペロータ、トリンケ。バイヨンヌ には重要文化財として1800年代からあるこの球技場がいまでも当時からの状態のまま、市民に開放されています。


fullsizeoutput_2f02.jpeg

ニーヴ川沿いにあるマルシェもおすすめです!

◇アクセス情報
陸の旅
バイヨンヌ 駅へ
ボルドー駅から約2時間
トゥールーズ駅から約3時間

空の旅
パリ空港からビアリッツ国際空港 約1時間


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Megumi TADOKORO

フランス・トゥールーズ特派員のMegumi TADOKOROが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥールーズ特派員
名前:Megumi TADOKORO

Megumi TADOKORO

フランス、トゥールーズToulouse市在住。ロサンゼルス3年、ロンドン6年を経て, 現在のトゥールーズ市TOULOUSEでの生活が14年目となりました。現在ヨガインストラクター兼トラベルコーディネーターとして仕事をしています。トゥールーズ市をとりまくオクシタニー( Occitanie)地方 の情報はまだまだ日本では少ないのが現状ですが、トゥールーズ市自体がヨーロッパの主要都市の中で現在最も人口が増え続けている街で、これから観光客が益々増えていく場所であろうと街の変化、発展を日々感じています。南フランスでのオリジナルな”観光ホームステイ””プライベートツアー”のご案内をしています。お気軽にお問い合わせください♬
ホームページ
ブログ
フェイスブック
インスタグラム DISQUS ID @disqus_BSSjijx9MF

トゥールーズ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

トゥールーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥールーズ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥールーズ特派員 > バイヨンヌ フランスバスク地方への玄関

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について