トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥールーズ特派員 > La Chandeleur "ラ・シャンドルール" フランスの2月はクレープではじまります。

フランスフランス/トゥールーズ特派員ブログ

La Chandeleur "ラ・シャンドルール" フランスの2月はクレープではじまります。

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2019年2月13日

フランスのパン屋さんでは年中クレープを売っている場所もありますが、
2月は一年の中でも一際、クレープの姿が目立ちます。
"2月はクレープを食べる習慣があるのかな?"。

DSC02964.jpg

フランスの祝日やお祝い事の多くはカトリック宗教にまつわることが多い中
2月2日は"La Chandeleur" ラ・シャンドルールといわれる日をクレープでお祝いします。"なぜクレープ?"のお話はあとにして、、、そもそもChandle キャンドルが語源となるこの言葉。キャンドルを備えお祈りをする意味は、2月という冬から春までの中間時期に、もうすぐやってくる春に対する"待ち遠しい"気持ちをキャンドルの炎に託します。自然界の季節の中で2月はまだまだ厳しい冬、しかし、キャンドルのキラキラした輝きの中に、春を待つ。カトリック宗教も自然の法則に所以するところが多くあるのです。

f3b2128157b74a7727f9d0ffeb2922e7_39eda6e132af3988acde714c7a85a548.jpg


"どうしてクレープ?"少しこじつけのような話になりますが、クレープは確かに、"黄色"元気な色、丸い"太陽"のような形に見える。一年で最も気候の厳しいこの時期に、クレープのような春にみられるであろう"太陽"を期待して、、、クレープを食べる習慣になったといわれます。
フランスの子供のいる家庭ではお母さんや、中にはお父さん、おばあちゃんが、いまでもその伝統を子供や孫たちに披露します。おばあちゃんは手のひらに"硬貨"をにぎりしめ、春に向けてこの一年が家族にとって健康で豊かな年になるように!と願いをこめながらクレープを焼きます。その側では、子供達がはやくクレープを食べたい!気持ちで見守っています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Megumi TADOKORO

フランス・トゥールーズ特派員のMegumi TADOKOROが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥールーズ特派員
名前:Megumi TADOKORO

Megumi TADOKORO

フランス、トゥールーズToulouse市在住。ロサンゼルス3年、ロンドン6年を経て, 現在のトゥールーズ市TOULOUSEでの生活が14年目となりました。現在ヨガインストラクター兼トラベルコーディネーターとして仕事をしています。トゥールーズ市をとりまくオクシタニー( Occitanie)地方 の情報はまだまだ日本では少ないのが現状ですが、トゥールーズ市自体がヨーロッパの主要都市の中で現在最も人口が増え続けている街で、これから観光客が益々増えていく場所であろうと街の変化、発展を日々感じています。南フランスでのオリジナルな”観光ホームステイ””プライベートツアー”のご案内をしています。お気軽にお問い合わせください♬
ホームページ
ブログ
フェイスブック
インスタグラム DISQUS ID @disqus_BSSjijx9MF

トゥールーズ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

トゥールーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥールーズ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥールーズ特派員 > La Chandeleur "ラ・シャンドルール" フランスの2月はクレープではじまります。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について