トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥールーズ特派員 > サン・セルナンバジリカ大聖堂 〜トゥールーズの世界遺産〜

フランスフランス/トゥールーズ特派員ブログ

サン・セルナンバジリカ大聖堂 〜トゥールーズの世界遺産〜

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月28日

1998年ユネスコの世界遺産に登録されたサン・セルナンバジリカ大聖堂 Basilique Saint-Sernin de Toulouseは、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路としても知られ,11世紀から13世紀にかけて建築されたフランスでは最大のロマネスク様式建築物とされます。特徴的な八角形の鐘楼の高さは67Mあり、トゥールーズ旧市街の象徴的建物となります。キャピトル広場からお土産やレストラン街のRue du Taur を正面にすると、すでにサン・セルナンバジルカ大聖堂の鐘楼が視界にはいってきます。キャピトル広場から歩いて到着した場合、建物を正面に大聖堂の周囲を一周できるようになっています。キャピトル広場から向かい正面左が西正門となり見事な装飾は必見です。西正門には美術館も隣接されています。

現在2018年から2年間、外壁の大工事が行われている最中で景観が損なわれているのが、残念ですが、通常通り開館していますので、中に入ることは可能です。


DSC01032.jpeg

*サン・セルナンバジリカ大聖堂を少し遠目から拝めたときも、八角形の鐘楼がシンボルとなります。


IMG_0118 2.jpeg

*サン・セルナンバジリカ大聖堂身楼 主祭壇上部ドームに描かれているのは
世界の終末におけるキリストの再臨を表現しています。


IMG_0122 2.jpeg

*サン・セルナンバジリカ大聖堂の中へはいってみましょう。
半円型アーチが並ぶ主祭壇に向かい続いています。
ロマネスク建築様式の特徴が、この半円形型アーチです。


Toulouse,_Basilique_Saint-Sernin-PM_51332.jpg

*サン・セルナン大聖堂のみどころのひとつ。
4世紀末から5世紀初といわれる初期キリスト教の石棺がかなり状態がよく保管されているのも目を見張ります。

ライトアップも美しいサン・セルナン大聖堂。キャピトル広場からも近いのでぜひお近くに宿泊されいる場合は
夜のサン・セルナン大聖堂もお楽しみください。

__________________________________
サン・セルナンバジリカ大聖堂
Basilique Saint-Sernin de Toulouse
Place Saint Sernin
Toulouse
31000 FRANCE


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Megumi TADOKORO

フランス・トゥールーズ特派員のMegumi TADOKOROが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥールーズ特派員
名前:Megumi TADOKORO

Megumi TADOKORO

フランス、トゥールーズToulouse市在住。ロサンゼルス3年、ロンドン6年を経て, 現在のトゥールーズ市TOULOUSEでの生活が14年目となりました。現在ヨガインストラクター兼トラベルコーディネーターとして仕事をしています。トゥールーズ市をとりまくオクシタニー( Occitanie)地方 の情報はまだまだ日本では少ないのが現状ですが、トゥールーズ市自体がヨーロッパの主要都市の中で現在最も人口が増え続けている街で、これから観光客が益々増えていく場所であろうと街の変化、発展を日々感じています。南フランスでのオリジナルな”観光ホームステイ””プライベートツアー”のご案内をしています。お気軽にお問い合わせください♬
ホームページ
ブログ
フェイスブック
インスタグラム DISQUS ID @disqus_BSSjijx9MF

トゥールーズ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

トゥールーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥールーズ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥールーズ特派員 > サン・セルナンバジリカ大聖堂 〜トゥールーズの世界遺産〜

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について