トップ > 北米 > カナダ > トロント特派員 > 11月11日 リメンバランス・デイ

カナダカナダ/トロント特派員ブログ

11月11日 リメンバランス・デイ

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2007年11月 4日

第1次世界大戦の終結日にちなみ、11月11日は Remembrance Dayといって
戦没者追悼記念日になります。

毎年、この時期になると、胸や帽子に赤いポピーの花のブローチをつけている人を
見かけるようになります。
テレビのアナウンサーや、スーパーの店員、ビジネスマンに大学生、
たくさんの人がつけている赤いポピーの花。
DSC06730.JPG
この花を見ると、今年もリメンバランスデイは
もうすぐだと何故か着が引き締まります。
(銀行やお店のレジでこのピンブローチが置いてあり募金により手に入れることができます。)

南アフリカではPoppy Dayといわれ、
アメリカはこの日を Veterans’ Day(復員軍人の日)として追悼します。

国によって呼び名は変わりますが、この日の目的は
第一次世界大戦とその他の戦争で犠牲になった軍人や市民を追悼すること。


何故ポピーなのか
第一次世界大戦中に、多くの犠牲者が出たベルギーのフランダースの戦場に
ポピーの花がたくさん咲いていたためで、
その赤い色が戦死者の血の色を表わすことから
ポピーの花がシンボルになりました。

午前11時に2分間の黙祷が行われます。


写真を撮らせてもらった男性は、悲しいことばかりが思い出されるけど
ずっと忘れないように、毎年ポピーを胸につけるとおっしゃっていました。

日本でも、悲惨な戦争で亡くなった人を追悼し、皆が忘れないように
このような風習を取り入れ、若い人も戦争について考える機会になればいいと
思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

山下 敦子

カナダ・旧トロント特派員の山下 敦子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カナダカナダ/旧トロント特派員
名前:山下 敦子

山下 敦子

大阪出身。日本では映画の字幕編集者として勤務。現在、ライターとして日本の雑誌やWEBに記事を寄稿中。現地企業では取材、執筆、翻訳業務などに携わる。移民の国で鍛えられ日々奮闘中。食べる事と映画、お笑いが大好きな浪速女です。ホームページ http://geishaonthego.com

トロント特派員トップにもどる

その他のカナダの特派員

トロントを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トロント特派員トップにもどる

トップ > 北米 > カナダ > トロント特派員 > 11月11日 リメンバランス・デイ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について