トップ > 日本 > 東京特派員 > 国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】

日本国内日本国内/東京特派員ブログ

国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年9月15日

026_01.jpg

隅田川に架かる橋の中でも知名度が高い橋のひとつ、「勝鬨橋(かちどきばし)」。
1940(昭和15)年に開通し、2007年には国の重要文化財にも指定された国内で一番大きな跳開橋です。

※ 2021年9月現在、東京都では新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態措置がとられています。お出かけの際は、東京都のウェブサイトを確認いただき、地域のルールに沿った行動をお願いいたします。
https://www.metro.tokyo.lg.jp


国内最大の跳開橋

026_04.jpg

隅田川の下流に架かる「勝鬨橋」は、万国博覧会におけるメインゲートとしての役割のために架けられました。橋の長さは246mで、中央区の勝どきと築地を結んでいます。
※ 万国博覧会は戦争が激しくなったことを受けて中止となりました。

日本最大の跳開橋として注目を集めた「勝鬨橋」ですが、隅田川を走る船の減少や自動車の交通量の増加といった理由で、昭和45年の11月29日をもって橋の開閉は最後となっています。
中央部分が跳開する「勝鬨橋」の迫力ある姿を一度見てみたかったですね。

※ 参考:東京都建設局ウェブサイト


跳開されていた時代の名残り

当時最先端の技術を用いて造られた「勝鬨橋」は、2007年に国の重要文化財に指定されました。
現在可動することがない橋ではありますが、橋を渡ってみると当時の名残りを見つけることができます。下の写真に写っている信号機で、通行者や船舶に橋の跳開を告げていたのでしょうね。

026_02.jpg


「勝鬨橋」は、ドラマやコマーシャルにも登場する機会が多い橋のひとつです。橋のすぐ側にあり名所のひとつだった「築地市場」は江東区の豊洲に移転したものの、通勤通学、そして人々の生活の足として日々活躍している橋です。橋を渡る際にちょっと目線を低くしてみると、遊び心ある空間からお隣に架かる橋の風景も見られますよ☺︎

026_03.jpg
※ 「勝鬨橋」から眺める「豊洲大橋」



アクセス



■ 勝鬨橋(かちどきばし)
・住所: 東京都中央区勝どき1丁目13番/築地6丁目19番

※ 参考: 中央区ウェブサイト

026_05.jpg

▫️地球の歩き方 東京特派員
ᵐᵃʳⁱᵉ
東京散歩や美味しいもの探訪など、東京暮らしの日記はこちら▶︎▶︎ 【うたかたの日々 -ʟ'Éᴄᴜᴍᴇ ᴅᴇꜱ ᴊᴏᴜʀꜱ-】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie さん

日本国内・東京特派員のmarie さんが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/東京特派員
名前:marie さん

marie さん

70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

東京特派員トップにもどる

その他の東京都の特派員

東京に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

東京特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 東京特派員 > 国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について