トップ > 日本 > 東京特派員 > 原宿のクレープ

日本国内日本国内/東京特派員ブログ

原宿のクレープ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2008年5月 4日

h1.JPG

天気がイマイチの東京。
GWはいかがお過ごしでしょうか。

こちら原宿の竹下通は、日頃の混み具合に輪をかけた人込みで、
歩くのは少々、いや、かなりしんどかったです。

”原宿は、足腰が強いうちに行け”


こんな教訓ができあがってしまいました ( ̄▽ ̄|||)


そんな”原宿”を連想すると、必ず出てくるであろうクレープ。

学生時代に私も大変お世話になりました。
約100種類ほどあると言われているメニュー中で人気No.1を誇るのは、


h2.JPG

バナナチョコ生クリーム 400円

確かにこれは美味しい。

学生時代は軽く平らげていた甘い甘いクレープですが、
今は胸焼けするだろうなと思いつつも、
やっぱり食べてしまったチャレンジャーな私。

でも意外や意外。
生クリームは甘さ控えめになっていて、とても食べやすかったです。
一緒にいた友人もまた、ペロリと平らげていました。
昔の”あまーいクレープ”のイメージは薄れた気がします。

最近ではデザート系のクレープだけではなく、
野菜が入ったサラダ感覚のヘルシークレープや、
”お好み焼きクレープ”など、一風変わったクレープもあるそうです。

一風変わったクレープはビミョ〜ですけど、
食べたら意外と美味しかったりするんでしょうね。


h3.JPG

原宿で老舗のクレープ屋といえば「原宿カフェ・クレープ」のお店。
竹下通りにある「ブルーベリーハウス」と「エンジェルスハート」、
ラフォーレ原宿1Fの駐車場横にある「ストロベリーハウス」の直営3店舗。
初めてクレープにアイスクリームを入れて販売したのは
この原宿カフェ・クレープのお店なんだそうです。

また、原宿カフェ・クレープに並んで有名なのが、「マリオンクレープ」のお店。
渋谷公園通りでワゴンカーのクレープ販売をはじめてから、
今やフランチャイズの大手となったマリオンクレープ。
こちらもまた、原宿で有名なクレープ店です。

クレープはもともとフランスのブルターニュ地方が発祥とされていますが、
ブルターニュ地方は雨が多く、小麦栽培には適していない土地。
そこで小麦の代わりに「そば粉」を使い、
パンの代わりに「ガレット」と呼ばれるクレープを作ってた食べていたそうです。

なんでも、太陽で熱くなった石の上に生地をこぼしてしまったところ、
こんがり薄く焼けて美味しかったというのが始まりなんだとか。


こぼしてみるもんです


このガレットの具は卵やチーズ、ハムなどを使っていたので、
原宿スタイルのデザート感覚ではなく、
料理の1つとして食されていたそうです。

このようにいろいろと食べ方があるようですが、
原宿へ来たならば、やはり原宿スタイルのクレープを食べてほしい。

自分の学生時代を思い出すと、原宿でクレープを食べることが
ちょっとしたイベントだったような気もします。

原宿でクレープを食べる=一生の思い出

この日、修学旅行に来られていた学生の方々が
美味しそうにクレープを食べている姿を見かけました。

きっと思い出に残るクレープになるんではないかなと思いつつ、
人込みでボロボロになりながら、
懸命に原宿を脱出した私でありました。


★原宿カフェ・クレープ
http://www.cafe-crepe.co.jp/

★マリオンクレープ
http://www.marion.co.jp/index.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

松尾 真由美

日本国内・旧東京特派員の松尾 真由美が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/旧東京特派員
名前:松尾 真由美

松尾 真由美

東京特派員トップにもどる

その他の東京都の特派員

東京に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

東京特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 東京特派員 > 原宿のクレープ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について