トップ > 日本 > 徳島特派員 > 世界の名画が集まる、大塚国際美術館

日本国内日本国内/徳島特派員ブログ

世界の名画が集まる、大塚国際美術館

カテゴリー:お題 投稿日:2018年2月23日

こんにちは、徳島特派員のかおりです。

まだまだ寒い徳島県。
暖かい屋内でゆっくり過ごしませんか?ということで、美術館の紹介です。

徳島にある美術館といえば、鳴門市にある大塚国際美術館が最も有名です。
この美術館に展示されている絵というのは、全てが陶板画です。
つまり、本物ではないのです。
原画を撮影したものを、原寸大で陶器の板に転写して焼いたものなのです。

DSC_0750.JPG


なので、かの有名なパリのルーブル美術館のモナリザも、こんなまじかで見ることができます。
写真撮影もOKです。
パリ・オルセー美術館のルノワール、フィレンツェ・ウフィッツィ美術館のボッティチェリなど、私がかつて現地で見たことのあるあの絵もこの絵もここにはあるんです。
絵画好きにはたまりません。

DSC_0720.JPG


バチカンのシスティーナ礼拝堂はこんなふうに再現されており、毎年2月にシスティーナ歌舞伎が公演されます。
今年は片岡愛之助さんらが来て下さいました。

DSC_0743.JPG


地下3階から地上2階まであるとても広い美術館です。
全てをゆっくり見て回ると1日かかりますので、休憩が欠かせません。

お腹が空いたら、1階のレストランガーデンへ。
3/18までは期間限定メニュー「『おいしい名画』のランチ」があります。
美術館の展示作品に描かれている食材を使ったランチです。

DSC_0663.JPG


こちらは「最後の晩餐」。
絵に描かれているパンとワインが添えられています。

DSC_0661.JPG


疲れたら、地下2階にあるカフェ・ド・ジヴェルニーへ。
14:30までは食事もできます。

DSC_0700.JPG


こちらのおすすめは、「おいしいぃぃぃ~!と叫ぶムンクのどら焼きセット」です。
徳島の後発酵茶、阿波晩茶と一緒にぜひどうぞ。

DSC_0698.JPG


1階のレストランガーデン横には、広い庭園もあります。

DSC_0665.JPG


地下3階のミュージアムショップもぜひのぞいて下さい。
ムンクの阿波和三盆糖がおすすめです。

3/21~ゴッホのひまわり全7点が一堂に展示される「♯7つのヒマワリ」が始まります。
世界に散ってしまったひまわりを一度に見ることができるまたとない機会です。

入館料は大人3240円と少しお高めですので、コンビニなどで買える前売り券をご利用下さい。
絵を見るだけではなく、庭園でぼうっとするのもいいですし、カフェでお茶をするのもいいですし、休憩するソファーもたくさんありますので、1日ゆっくり楽しんで下さいね。


大塚国際美術館
・住所:  徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内
・開館時間:9:30~17:00
・休館日: 月曜日
・駐車場: 500m離れたところにあり、無料のシャトルバスが頻繁に出ています。
      駐車料金は、駐車券を美術館に設置してある機器に通せば無料になります。
・URL:   http://o-museum.or.jp/

展示作品のブログやSNSへの掲載は受付の方に承諾をいただいております。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かおり

日本国内・徳島特派員のかおりが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/徳島特派員
名前:かおり

かおり

夫の転勤により大阪→埼玉→大阪で生活し、2015年4月より徳島在住。小学生の息子と3人暮らし。趣味は、旅行・写真。活動は休業中だが、日本茶インストラクターの資格を持つ。子供と一緒に楽しめる徳島の場所を紹介していきます。
Blog:子供遊び DISQUS ID @disqus_LT4UDo3c6c

徳島特派員トップにもどる

徳島に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

徳島特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 徳島特派員 > 世界の名画が集まる、大塚国際美術館

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について