トップ > 日本 > 東伯郡琴浦・鳥取特派員 > 智頭宿さんぽ・国指定重要文化財にして近代和風建築の集大成「石谷家住宅」

日本国内日本国内/東伯郡琴浦・鳥取特派員ブログ

智頭宿さんぽ・国指定重要文化財にして近代和風建築の集大成「石谷家住宅」

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年6月27日

石谷家住宅 (1).JPG

こんにちは。東伯郡琴浦・鳥取特派員「miumiu」です。

その昔、鳥取藩の宿場町であった智頭宿を中心に観光を楽しもうとお出かけし駐車場に車を置き観光パンフレット類を入手したら冒険のはじまりはじまり~♪


参勤交代の宿泊地が智頭宿と決められてから町屋が軒を並べ商人との交流で賑わうようになったそうで、まち歩きをしていると昔の名残りを見ることができますよ。さて、昔のメインストリートでもある智頭宿往来にある曹洞宗の仏教寺院「興雲寺」、軍神と鎮火の守護神として崇敬されている「諏訪神社」を参拝したら国指定重要文化財にして近代和風建築の集大成「石谷家住宅」に入りましょう。

石谷家住宅 (2).JPG

石谷家は、古くから屋号を「塩屋」広く地主、山林経営をしてきた家です。

石谷伝四郎(1866~1923年)の代には、政治家として明治28年から大正12年までまで国政に携わり、自邸を大正8年から約10年かけて改築させた大規模な木造家屋が今の「石谷家住宅」です。

石谷家住宅 (3).JPG

以前は、主屋が往来に面した町家作りであったと伝えられています。

大正8年の構想によって主屋は奥の方に建て替えられ、江戸時代から存在した古屋敷や蔵を廊下で接続して塀で大きく取り囲む武家屋敷風の構えとなったそうです。

石谷家住宅 (4).JPG

「石谷家住宅」敷地面積3000坪と言われてもピンときませんが、部屋数40余りと聞くと「うわ~、掃除とか大変だろうなぁ」と規模の大きさに驚くばかりです。THE和式な部屋もあれば急に昭和な感じの部屋もありところによってはモダンな造りもあって電話室もあって一番驚いたのが一部屋使った神殿室......分限者たるや!!

こがに広い屋敷で当時どがな生活をしとんさっただらぁか? 色げな物語があったんだろうなぁ。

石谷家住宅 (5).JPG

「石谷家住宅」の庭園は、江戸座敷・新建座敷に面した池泉庭園で四季折々の風景を楽しめますよ。

石谷家住宅 (6).JPG

江戸時代の建物"江戸屋敷"に入ると一番に目を惹くハート型の可愛い障子。猪の目といい災いを除き、福を招くという意味が込められているんだそうです。幸せを呼ぶ部屋でのんびりと過ごす時間贅沢だなぁ。

あ! そうそう、鳥取県内の観光案内所、観光施設、道の駅などで配布をしている観光施設やお店で使える割引や特典情報満載のパスポート「トリパス」を利用して優待特典をいただきました~♪

詳しくは、サイトをご覧ください。https://www.tottori-guide.jp/toripass/


「石谷家住宅」

・住所: 鳥取県八頭郡智頭町智頭396

・定休日: 水曜日、年末年始

・入館料: 小中学生400円、高校生500円、大人600円

・営業時間: 10:00~17:00

・電話番号: (0858)75-3500

・URL: https://www.ifs.or.jp/

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

miumiu

日本国内・東伯郡琴浦・鳥取特派員のmiumiuが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/東伯郡琴浦・鳥取特派員
名前:miumiu

miumiu

2016年日本に帰国し鳥取県生活を再スタートしました。食べることが大好き!写真を撮ることが大好き!『痩せたい』が口癖なビビりが、のんびりした時間が流れ星空の美しい鳥取県のあっちこっちに出没しています。特派員ブログを通じて鳥取県の魅力をお伝えしたいと思いますのでヨロシクお願いします。 DISQUS ID @disqus_2HmYIctVV9

東伯郡琴浦・鳥取特派員トップにもどる

その他の鳥取県の特派員



鳥取県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

東伯郡琴浦・鳥取特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 東伯郡琴浦・鳥取特派員 > 智頭宿さんぽ・国指定重要文化財にして近代和風建築の集大成「石谷家住宅」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について