トップ > 日本 > 栃木特派員 > 栃木県初!!ラウンドアバウトが開通!【大田原市】

日本国内日本国内/栃木特派員ブログ

栃木県初!!ラウンドアバウトが開通!【大田原市】

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 投稿日:2020年6月12日

栃木県大田原市で2020年6月。
県内初ラウンドアバウト(環状交差点)が開通しました。


今まで見通しの悪さや道路幅が同程度であることによる優先関係のわかりにくさなどに起因する事故が多発していた交差点をラウンドアバウト化しました。
開通場所は大田原市狭原地内で比較的穏やかな田園風景のなかに開通しました。


ラウンドアバウトとは?

交差点部が環状(ドーナツ型)になっていて、道路標識に従い交差点を右回りに通行することが指定されている交差点です。


交差点には信号機がありませんが、重大事故や渋滞が起きにくい交差点とされており、平成26年9月1日の改正道路交通法施行以後、全国ではすでに80ヵ所ほど設置されています。


大田原市ウェブサイトより
https://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2020012200029/
リーフレット
https://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2020012200029/file_contents/leaflet.pdf


栃木県民である私ですが、まずこんなにぐるっと回った表示の看板を見るのも初。
DSC07285.JPG


DSC07289.JPG

基本右回り(時計回り)となっており、このようにゆずれ!と分かりやすく表示されています。


DSC07295.JPG

どの方向から来ても時計回りです。


DSC07292.JPG

そして普通なら交差点にある信号機がないのです。


DSC07297.JPG

横断歩道にもきっちり表示が行き届いてます。


目新しいので、初めのうちは解りにくかったり、なぜ?
と思う方もいるかもしれませんが、複数の信号機を設置するよりも費用も抑えられるということもあるようです。
ですがすべてが単純に比較できるものではなく複雑な交差点なら導入した方がいい!という安直な考えではないような気がします。
DSC07286.JPG

いずれにせよ今後、複雑な交差点ではスタンダートになることもあるかもしれません。
その先駆けとして大田原市で導入したのは栃木県としても未来の可能性を広げる大きな一歩であると個人的には思います。


■ラウンドアバウト(環状交差点)
・住所: 〒324-0401 栃木県大田原市狭原1223-222

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

KEY

日本国内・栃木特派員のKEYが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/栃木特派員
名前:KEY

KEY

生まれも育ちも栃木県。
栃木の魅力が少しでも伝えられたらと始めたコアな個人ブログでの執筆経験がありますが、さらに自分の可能性を広げる為、栃木県の特派員として活動する事にしました。
拙い内容かも知れませんが宜しくお願いします。
そのもう一つの顔・・それは→こちら DISQUS ID @disqus_FmopRPGkTe

栃木特派員トップにもどる

栃木に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

栃木特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 栃木特派員 > 栃木県初!!ラウンドアバウトが開通!【大田原市】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について