トップ > 日本 > 栃木特派員 > 宇都宮中心部にある大谷石の聖堂【松が峰教会】

日本国内日本国内/栃木特派員ブログ

宇都宮中心部にある大谷石の聖堂【松が峰教会】

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年2月15日

宇都宮といえば餃子がパッと思いつくかもしれません。
しかし宇都宮には大谷石文化があります。


宇都宮には大谷石を使った建物が多数存在します。
そんななかから今回はとっても珍しい大谷石造りの教会を紹介。


カトリック松が峰教会です。

DSC07046.JPG

松が峰教会は、1888(明治21)年にパリ外国宣教会のカジャック神父によって川向町に建てられ、「宇都宮天主公教会」として創立されました。
1895(明治28)年には、現在の松が峰に土地を移し、創立100年。聖堂は献堂75年を越える歴史があります。


DSC07056.JPG

松が峰教会の聖堂は、スイス人の建築家マックス・ヒンデル氏の設計による建築物です。
また、ヒンデル氏の日本における代表作のひとつであり、最後の教会建築作品でもあります。
聖堂の内外壁に用いられている大谷石は、旧帝国ホテルに用いられた場所と同じ大谷の採石場から切り出されたものに、石工職人によりさまざまな意匠が施されています。


DSC07051.JPG

教会では、毎日曜日「ミサ」がささげられ、誰でも参加することができます。
聖堂、敷地内の見学・散策はいつでもできます。
気兼ねなく訪れてみるといいでしょう。


DSC07045.JPG


【カトリック松が峰教会】
・住所: 〒320-0807栃木県宇都宮市松が峰1-1-5
・アクセス: 東武宇都宮駅から徒歩5分
JR宇都宮駅西口からバスで東武駅前、または東武西口下車、徒歩5分
http://www2.ucatv.ne.jp/~matumine.sea/index.html


関連記事
暑い夏に!夏でも涼しい最高のスポット!大谷石資料館
大谷石のシンボル。大谷平和観音@宇都宮
大谷石の石積みの蔵で頂くブッフェ。石の蔵@宇都宮

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

KEY

日本国内・栃木特派員のKEYが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/栃木特派員
名前:KEY

KEY

生まれも育ちも栃木県。
栃木の魅力が少しでも伝えられたらと始めたコアな個人ブログでの執筆経験がありますが、さらに自分の可能性を広げる為、栃木県の特派員として活動する事にしました。
拙い内容かも知れませんが宜しくお願いします。
そのもう一つの顔・・それは→こちら DISQUS ID @disqus_FmopRPGkTe

栃木特派員トップにもどる

栃木に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

栃木特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 栃木特派員 > 宇都宮中心部にある大谷石の聖堂【松が峰教会】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について