トップ > 中東 > イスラエル > テルアビブ特派員 > イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯

イスラエルイスラエル/テルアビブ特派員ブログ

イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2017年2月24日

2月、多くのイスラエル人が楽しみにしているものがあります。それは、アネモネという野花が作り出す花の絨毯。2月上旬から中旬頃までの2週間ほどの間、イスラエルの南部の都市ベエル・シェバ の郊外の野原が真っ赤に染まり、イスラエルに一足早い春の訪れを告げます。

イスラエルの南部アネモネの花.jpg


イスラエルは暑いというイメージが強い国ですが、短いけれどれっきとした冬があります。夏は乾季、冬は雨季という地中海性気候に属しており、3月から10月までは気温が高く雨がほとんど降らない一方、11月から2月までの間は、約2週間ごとに大雨が降り、気温がぐっと下がります。降雨量が最も多く気温も一番低いのは12月と1月。2月になると雨の量が減り、気温も少しづつ上がっていきます。そんな頃、テレビやラジオのニュースでアネモネの開花の情報が流れると、イスラエル国民は春の足音を感じるのです。


イスラエル南部、アネモネの群生.jpg


アネモネはキンポウゲ科の花の一種で、イスラエルでは南部の都市ベエルシェバの郊外の野原にて開花する咲く真っ赤な花です。地中海地域原産の花で、語源はギリシア語で風を意味するそう。花言葉は、「君を愛す」。その燃えるような赤い色をした可憐な花にぴったりの花言葉ですね。


イスラエルのアネモネの花.jpg


アネモネの満開時には野原が真っ赤に染まり、それは見事です。この風景をヘブライ語で「ドロム アドン」と呼びます。日本語に直訳すると「赤い南」。ドロム アドンを楽しもうと、週末には家族連れがこぞってアネモネの咲くエリアに出かけます。ランチボックスを持参し、ブランケットを広げてひなたぼっこをしながらのんびりと「お花見」したり、広域に広がるアネモネの花の絨毯の一帯をハイキングしたり。みな思い思いの方法でイスラエルの春の訪れを満喫します。


イスラエル南部、アネモネの花畑を楽しむ人々.jpg


イスラエルは砂漠のイメージが強い国なので、赤い野花が咲き乱れる風景があるとは意外ですよね! でも、雨季から乾季への移り変わりの2月には国中が一気に緑に溢れて花が咲き乱れ、春の息吹をとても強く感じることができる国なのです。この時期にイスラエルを訪れる際は、ぜひ郊外に足を伸ばしてアネモネの赤い花を満喫することをお勧めします。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員の田澤 潤子が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イスラエルイスラエル/テルアビブ特派員
名前:田澤 潤子

田澤 潤子

上智大学比較文化学部卒。日本貿易振興機構(ジェトロ)での勤務を得て、イスラエル人との結婚を機に2014年テルアビブへ移住。現在はイスラエルのIT企業で日本向けマーケティングと事業提携を担当、2国間のビジネスギャップに日々奮闘しています。ビジネスや観光の面で日本とイスラエルを繋ぐことに貢献したいと思っているので、お気軽にご連絡下さい。メールFacebookLinkedIn DISQUS ID @disqus_eYIDdB6AVf

テルアビブ特派員トップにもどる

その他のイスラエルの特派員

テルアビブヤッホを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

テルアビブ特派員トップにもどる

トップ > 中東 > イスラエル > テルアビブ特派員 > イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について