トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > 2022年初夏・西ジョージア・東トルコ⑦~トラブゾンからバトゥミまで

ジョージアジョージア/トビリシ特派員ブログ

2022年初夏・西ジョージア・東トルコ⑦~トラブゾンからバトゥミまで

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2022年7月27日

前回の記事の続きです。

早朝6時過ぎ、トルコのマルディンからバスでトラブゾンのオトガル(バスターミナル)に到着した私は、ジョージア国境に向かうバスを探します。

すぐに客引きが声をかけてきました。

001.jpg
↑サルピまでのチケット。

ジョージア国内まで行くバスもありますが、ジョージア側でバスを待つ時間があるうえに料金も割高になるそうです。

したがってバスはサルピ国境までとしました。

チケット代は150ラリで、表通り沿いで待っていると7時前にバスは到着。

002.jpg
↑まもなくバスが到着。

私が乗車したバスは食事休憩などをはさみながら約5時間半かけ、トルコ時間の12時半頃に国境に到着しました。

ジョージアへの審査は、トルコ側への入国審査のときと同様にスムーズに進みます。

いくつかの質問はされましたが、グリーンパスの提示も必要なく約20分で終わりました。

ジョージア側に出ると、タクシーの客引きが寄ってきましたが、マルシュルートカ(乗り合いヴァン、マルシュ)があることを知っているので断ります。

バトゥミ行きのマルシュは建物出口のすぐ近く待機していました。

004.jpg
↑バトゥミ行きのマルシュ。

6月中旬の黒海沿岸は夏の東京のような蒸し暑さ。

しかもこのマルシュは途中のバス停で客を拾いながら満員となりました。

バスは窮屈な状態で30分ほど走り、バトゥミの町に入ります。

行きに乗車した停留所付近で下車。

料金は2ラリと提示されましたが、車内に1.5ラリと表示してあるのでその金額を払いました。

バトゥミに到着した私は、次に宿泊する予定の町コブレティに向かいます。

005.jpg
↑フロントガラスの下に運賃表記あり。

【今までの参考記事】
2022年初夏・西ジョージア・東トルコ①~バトゥミまでのマルシュルートカ

2022年初夏・西ジョージア・東トルコ②~バトゥミ散策

2022年初夏・西ジョージア・東トルコ③~バトゥミからトラブゾンまで

2022年初夏・西ジョージア・東トルコ④~トラブゾン散策・トルコ料理

2022年初夏・西ジョージア・東トルコ⑤~トルコでのバス移動とチケット購入方法

2022年初夏・西ジョージア・東トルコ⑥~トルコ・マルディン渡航注意情報

1トルコリラ≒7.7円
1ジョージアラリ≒46.5円
(2022年7月27日現在)


↑ここでサルピまのバスを待ちました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

fujinee

ジョージア・トビリシ特派員のfujineeが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ジョージアジョージア/トビリシ特派員
名前:fujinee

fujinee

僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

トビリシ特派員トップにもどる

トビリシを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トビリシ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > 2022年初夏・西ジョージア・東トルコ⑦~トラブゾンからバトゥミまで

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について