トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > 【ジョージア】晩秋サムツヘ・ジャヴァヘティ④~町の跡という名の村

ジョージアジョージア/トビリシ特派員ブログ

【ジョージア】晩秋サムツヘ・ジャヴァヘティ④~町の跡という名の村

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月26日

トモグヴィ村滞在2日目には、隣接するナカラケヴィという村にも行きました。


「ナカラケヴィ」という名前は、「町の跡」という意味。


サメグレロ地方にノカラケヴィという古代遺跡都市がありますが、「ナカラケヴィ」も「ノカラケヴィ」もともに同じ意味です。


012.jpg
↑ナカラケヴィ村。


調べてみると、この辺りはもともとはツンダと呼ばれる町だったそうです。


ツンダの町は信仰の中心地として、また王たちの別荘地として5世紀頃に存在した町とのこと。


ツンダが衰退したあとに栄えたのがトモグヴィ。


トモグヴィが貿易の町として栄え始めたのが9~10世紀頃で、同じ頃にツンダは衰退したとのことなので、はるか昔の話です。


その後、19世紀にはキャラヴァンサライの宿場町でもあったようです。


001.jpg
↑水草が茂るツンダ湖。


ツンダの町の遺跡は現在は残っていませんが、ナカラケヴィの隣村に「ツンダ」という地名が残っています。


※ただしწუნდა(古/ts'unda)→ცუნდა(現/tsunda)と綴りが変わっています。


ツンダ湖のほとりひと休みしたあと、温泉があるゲストハウス・ゲノの脇からナカラケヴィ村に向かいます。


ジョージアには多くの温泉があります。


また湧き水の類は尊いものとして扱われるようで、タマダの乾杯の挨拶に登場したこともありました。


002.jpg 003.jpg
↑ナカラケヴィ村へ向かう道。
004.jpg
↑草を食む牛たち。


緩い上り坂を登っていくと村に到着します。


ナカラケヴィ村は、かつての町の跡というよりは晩秋の山里といった雰囲気。


墓地を中心として家々が並んでいます。


013.jpg 014.jpg 015.jpg 016.jpg
↑ナカラケヴィ村の家々。


ここでも外からの客は珍しいのか、不思議そうな顔をされましたが、歓迎してくれる村人もいました。


墓地の脇には第二次世界大戦の兵士を祀る石碑と十字架のモニュメントがあります。


第二次世界大戦は旧ソ連圏では「大祖国戦争」という別名で呼ばれ、ジョージア語でもたまにこの言い回しが出てきます。


005.jpg 006.jpg
↑村の中心にある墓地。
007.jpg 008.jpg 009.jpg
↑兵士を祀る石碑と像。
010.jpg
↑十字架のモニュメント。


帰りがけにツンダ教会にも寄りました。


こちらは12~13世紀に建立されたもので、外部から撮影しました。


017.jpg 018.jpg 019.jpg 020.jpg
↑ナカラケヴィ村の家々。
011.jpg
↑ツンダ教会。

【ジョージア語の表記と発音】
・大祖国戦争(დიდი სამამულო ომი/didi samamulo omi)




↑ナカラケヴィ村、南側にツンダ教会があります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

fujinee

ジョージア・トビリシ特派員のfujineeが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ジョージアジョージア/トビリシ特派員
名前:fujinee

fujinee

僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

トビリシ特派員トップにもどる

トビリシを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トビリシ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > 【ジョージア】晩秋サムツヘ・ジャヴァヘティ④~町の跡という名の村

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について