トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > トビリシで食すウズベク料理【カフェ・ダスタルハン】

ジョージアジョージア/トビリシ特派員ブログ

トビリシで食すウズベク料理【カフェ・ダスタルハン】

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年9月20日

トビリシのウズベク・レストランについて教わったので、先日さっそく行ってきました。


ウズベク・レストランのカフェ・ダスタルハンは最近開店した店だそうで、おしゃれなカフェといった雰囲気。


001.jpg
↑カフェ・ダスタルハン。

私は中央アジアに行ったことはありませんが、現地のチャイハナ(茶屋)にはこういった店があるのではないでしょうか。


私が知っている中央アジアの料理と言えばプロフ、ラグマン、マンティくらいなのですが、この3つが看板料理といった印象を受けました。


シェアでこの3種類をすべて注文。


002.jpg 003.jpg
↑カフェ・ダスタルハン店内。


プロフは中央アジアの炊き込みごはんのような料理。


ビーフかラムか選べるのでラムを選択。


にんにくが皮ごと入っており、クミンによる味つけが特徴的です。


006.jpg
↑カフェ・ダスタルハンのプロフ。


ラグマンはうどんのような麺料理。


以前、スープ状のものは食したことがありますが、こちらのラグマンはスープなしの焼きうどん状のスタイル。


スパイスが効いており、パクチーやディルなどの香草が添えられています。


007.jpg
↑カフェ・ダスタルハンの焼きラグマン。


マンティは中央アジアの餃子。


こちらのマンティはビーフまたはラムのもの、パンプキンのもの、そしてミートとパンプキンのミックスのものがあります。


ラム、ミックス、パンプキンの3種類を注文。


008.jpg
↑カフェ・ダスタルハンのマンティ。


どの料理も異国情緒があります。


私の感覚では、プロフとラグマンは小サイズのため少なめ、マンティは大きめで、全体で満足がいく量でした。


トビリシは夏の暑さが影をひそめ、気持ちよい秋空が広がっています。


009.jpg
↑秋空のトビリシ。

【メニュー価格】
・プロフ(250g):10ラリ
・焼きラグマン(350g):10ラリ
・マンティ(ラム/ラムとパンプキンのミックス):1個2ラリ
・マンティ(パンプキン):1個1.5ラリ
・コカコーラ(500mℓ):2ラリ

※1ラリ≒35.3円(2021年9月20日現在)

【メニューのジョージア語表記と発音】
プロフ(ფლოვი/plovi)
焼きラグマン(შემწვარი ლაგმანი/shemts'vari lagmani)
ラム肉マンティ(მამრი ცხვრის ხორცით/mant'i tskhvris khortsit)
ミックス・マンティ(შერეული მანტი/shereuli mant'i)
パンプキン・マンティ(მანტი გოგრით/mant'i gogrit)


■カフェ・ダスタルハン(კაფე დასტარჰან/Cafe Dastarhan)
・住所: 8 Ivane Javakhishvili St, Tbilisi
(8, ივანე ჯავახიშვილის ქუჩა, თბილისი)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

fujinee

ジョージア・トビリシ特派員のfujineeが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ジョージアジョージア/トビリシ特派員
名前:fujinee

fujinee

僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

トビリシ特派員トップにもどる

トビリシを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トビリシ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > トビリシで食すウズベク料理【カフェ・ダスタルハン】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について