トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > 【イラン社会の礼儀作法】タアーロフについてたずねてみました

ジョージアジョージア/トビリシ特派員ブログ

【イラン社会の礼儀作法】タアーロフについてたずねてみました

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2021年4月30日

前回の記事 で、イランの礼儀作法であるタアーロフについて書きました。

その後、またイランにいる友人とやり取りする機会がありました。

その際に、あえてそのタアーロフについて質問してみることに。

私が前回の記事に書いたようなことをひと通りたずねてみました。

001.jpg

その結果、いくつかの指摘をもらいました。

まず、相手の誘いを3回断るというルールは、親しい友人関係の中ではそこまで堅苦しいものではない、と。

場合によっては1回や2回の場合もあり、またすぐに承諾する場合もあるそうです。

それはお互いの理解度によって変わるとのこと。

ただし、本気で誘う場合は3回断られても4回誘い続けるというルールは納得していました。

002.jpg

まだ、タアーロフに関する私の認識は一人前ではないようです。

ただし、ここでもらった答えについても、必ずしも正しいとは言い切れないと思います。

まず、タアーロフに関しては、イラン社会の中でも人によって解釈が違うということ。

現地の人でも、建前と本気の差がわからないということはよくあるそうで、そういう場合は探りを入れながら反応を見るそうです。

003.jpg

また、タアーロフのいう礼儀作法自体が多少はデリケートなことなので、友人であっても、必ずしも正直な答えが返ってくるとは思っていませんでした。

実際、親しい友人関係の中でも、自分の判断が間違ったかと雰囲気で感じるケースは何回かありました。

いずれにしても、イラン社会を知るためにはまずはタアーロフを知らなければならないということ。

そして、タアーロフは複雑で難しいルールであるということは事実であるようです。

004.jpg

※前回に続き、今回の画像は、2019年にイランを訪れた際に撮影したもの。

雲の中にあるポルセフィードという村です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

fujinee

ジョージア・トビリシ特派員のfujineeが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ジョージアジョージア/トビリシ特派員
名前:fujinee

fujinee

僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

トビリシ特派員トップにもどる

トビリシを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トビリシ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > 【イラン社会の礼儀作法】タアーロフについてたずねてみました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について