トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > マイ・ホステルのヒンカリ教室に参加しました

ジョージアジョージア/トビリシ特派員ブログ

マイ・ホステルのヒンカリ教室に参加しました

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2020年1月 8日

最近はトビリシで長期滞在する日本人が増えてきました。トビリシには現在、日本人が経営する宿泊施設がいくつかでき始めています。

先日、トビリシのホステル「マイ・ホステル」で開かれたヒンカリ料理教室に行ってきました。

マイ・ホステルはメトロ・トビリシのルスタヴェリ駅から歩いて2~3分の宿。日本人男性のタイジさんと奥さんが経営しています。

001.jpg 003.jpg
↑マイ・ホステル。

007.jpg
↑タイジさん夫妻と。了解を頂いて掲載しています。

ヒンカリはジョージアの国民食とも言えそうな料理。挽き肉の餡を小麦粉で作った生地で包む、小籠包に似た一品です。

009.jpg

↑レストランのヒンカリ。マチャヘラにて。

※レストラン・マチャヘラ

料理教室は餡と生地を作るところから始まります。「ヒンカリ・マスター」がイチからきっちり教えてくれます。

まずは少量の玉ねぎとにんにくをみじん切りにします。ヒンカリにはパクチーが使われるのでこれもみじん切りにします。嫌いな人は抜くこともできますね。

刻んだ野菜類を挽き肉に混ぜ合わせます。挽き肉には牛と豚の合挽き肉が使われていました。

002.jpg
↑ヒンカリの餡。

生地は小麦粉を水で溶かして作ります。手でこねながら水で柔らかさを調整していきます。

004.jpg
↑ヒンカリ作りに勤しむ面々。

手でこねて、生地がなじんできたらコップの口の部分などを使って直径10cmに丸く切り抜きます。

005.jpg
↑丸く切り抜いた生地を伸ばします。

丸く切った生地を麺棒で薄く伸ばして餡を入れ、回しながら包んでいきます。ヒンカリは蒸すのではなく熱湯でゆでて調理するのが特徴です。

006.jpg 010.jpg
↑包んだヒンカリをゆでて完成。

当日は日本人ばかり約10名が集いました。マイ・ホステルではヒンカリ教室以外にも随時イヴェントが開催されています。

008.jpg
↑マイ・ホステルに集った日本人の面々と。

【英語/カルトリ語表記と発音】
ヒンカリ(Khinkali/ხინკალი/khink'ali)
ルスタヴェリ駅(Rustaveli/რუსთაველი/rustaveli)
マチャヘラ or サミキトノ(Machakhela or Samikitno/მაჭახელა or სამიკიტნო/mach'akhela or samik'it'no)

■My Hostel and Cooking House!
8 Dzmebi Kakabadzeebi St.Mtatsminda,Tbilisi,Georgia
(8 ძმები კაკაბაძეების ქუჩა,მთაწმინდა,თბილისი)
ホテル予約は地球の歩き方HP から。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

fujinee

ジョージア・トビリシ特派員のfujineeが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ジョージアジョージア/トビリシ特派員
名前:fujinee

fujinee

僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

トビリシ特派員トップにもどる

トビリシを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トビリシ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > マイ・ホステルのヒンカリ教室に参加しました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について