トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > コミタス博物館【アルメニア・エレヴァン】

ジョージアジョージア/トビリシ特派員ブログ

コミタス博物館【アルメニア・エレヴァン】

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 投稿日:2019年6月23日

ジョージアの首都トビリシを離れて、アルメニアの首都エレヴァン(エレバン、イェレヴァンとも)に来ています。一週間の滞在となりますのでいくつかエレヴァンの記事も混ぜようかと思っています。

アルメニアそしてエレヴァンにはいろいろな魅力があると思いますが、僕にとってエレヴァンは音楽と芸術の都です。この一週間は主にそちら方面の探究をしたいと思っています。

アルメニアは旧ソ連時代から、クラシックやジャズ、民族音楽などを主に、音楽に関してはユニークな発展を遂げてきた国です。クラシック音楽に関しては大作曲家アラム・ハチャトゥリアンさん(Aram Khachaturian 1903~1978)を筆頭に偉大な作曲家が何人かいます。

6/23はその中の一人、コミタスの博物館に行ってきました。コミタスことコミタス・ヴァルダペットさん(Komitas Vardapet 1869~1935)はアルメニアの伝統音楽や聖歌隊の手法を採り入れた独特な作曲家で、トルコによるアルメニア大虐殺を目にした事で精神疾患により作曲活動が出来なくなってしまった作曲家です。

近年、ジャズ界に彗星の如く現れて世界的に有名になったアルメニア出身のピアニストのティグラン・ハマシアンさん(Tigran Hamasyan 1987~)がコミタス作品を積極的に採り上げており、コミタス再評価のきっかけにもなっています。

コミタス博物館はエレヴァン中心部からは少し離れていて、共和国広場から徒歩で約30分かかりました。公園に隣接した小さな博物館で二階の入り口から入場します。入場料1000AMD。

001.jpg
↑コミタス博物館入り口。

002.jpg
↑コミタス博物館。矢印の入り口から入場。

小さな博物館と言えども、内部はコミタスゆかりの品で埋め尽くされています。素晴らしい博物館だと思いました。

003.jpg
↑コミタスの肖像。

004.jpg
↑コミタス使用の名刺。

005.jpg
↑コミタス使用のインクスタンド。

007.jpg
↑実際に使用されたコンサート・ピアノ。

006.jpg
↑楽曲で使用されたフルート。

008.jpg
↑"Chem Krna Khagha"の楽譜。

009.jpg
↑当時のコンサート・プログラム。

010.jpg
↑コミタス博物館の入場券。



コミタス博物館(Komitas Museum Institute)
住所:28 Arshakunyats Ave, Yerevan,Armenia
電話番号:+374 11 570570
営業時間:10:00~16:30(水曜定休日)
入場料:1000AMD
URL:https://komitasmuseum.am/en/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

fujinee

ジョージア・トビリシ特派員のfujineeが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ジョージアジョージア/トビリシ特派員
名前:fujinee

fujinee

僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

トビリシ特派員トップにもどる

トビリシを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トビリシ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > コミタス博物館【アルメニア・エレヴァン】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について