トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > 画家の都トビリシ~青空絵描き編

ジョージアジョージア/トビリシ特派員ブログ

画家の都トビリシ~青空絵描き編

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2019年4月15日

ジョージア国には国民に愛されているニコ・ピロスマニさん(1862~1918)という画家がいました。生涯極貧で不遇のまま一生を終えた画家。ピロスマニが世間に認められたのは死後の事です。

ピロスマニは我が国では加藤登紀子さんの歌唱で有名な「百万本のバラ」の歌詞のモデルになった画家としても知られています。愛した女優に心を伝える為に街中のバラの花を買い占めて窓の下に飾ったという話。でも恋は叶わなかった。

013.jpg
↑ルスタヴェリ通りで絵を売る青空絵描き。

「百万本のバラ」は元々はラトヴィアの歌謡曲だった原曲を、旧ソ連のポップス歌手アーラ・プガチョワさんが採り上げて有名になりました。その際に詩人アンドレイ・ヴォズネセンスキーさんがピロスマニのエピソードを歌詞に載せたのです。

正直今となっては、このピロスマニのエピソードの真偽は解りません。ただ今でも、その名もバラ革命広場を中心としてルスタヴェリ通りとトビリシ旧市街のあちこちで花売りの老婆を見掛けます。因みにバラ革命広場は2003年にその名もバラ革命が行われた場所であり、ピロスマニのエピソードとは直接関係ありません。

014.jpg
↑現在のバラ革命広場付近。

ジョージアは日本に比べれば貧しい国です。街の至る所で物乞い(※)を見掛けます。花売りの老婆も物乞いと一緒で糊口を凌ぐ為に花を売っているのでしょうが、僕はこの花売りの老婆がいるトビリシが好きです。

015.jpg
↑青空花屋。花売りの老婆も良く見掛けます。

トビリシはピロスマニの魂を受け継いで、今も変わらず画家の都です。街の至る所で絵を売る青空絵描きを見掛けます。今回はそんな青空絵描きやその他無名な絵描きの作品から僕が今まで心を動かされた作品を特集しましょう。

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

006.jpg

007.jpg

010.jpg

011.jpg

012.jpg

※「物乞い」は差別用語ですが、意味を解り易くする為に使いました。「花売り」や「絵描き」も同様です。

※今回載せた路上画家の作品に関しては、画家本人に承諾を頂いて撮影しています。

【英語/カルトリ語/ロシア語表記】
★ニコ・ピロスマニ(Niko Pirosmani or Niko Pirosmanashvili/ნიკო ფიროსმანაშვილი)
★アーラ・プガチョワ(Alla Pugacheva/Алла Пугачёва)
★アンドレイ・ヴォズネセンスキー(Andrei Voznesensky/Андре́й Вознесе́нский)
★バラ革命広場(Rose Revolution Square or First Republic Square/პირველი რესპუბლიკის მოედანი)
★ルスタヴェリ通り(Rustaveli Avenue/რუსთაველის გამზირი)

【お知らせ】fujinee名義でクラウドワークスさんに登録しています。検索ワード「トビリシ」で出てきます。トビリシ及びジョージア国に関しての記事作成等のご用命はお気軽にご相談下さい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

fujinee

ジョージア・トビリシ特派員のfujineeが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ジョージアジョージア/トビリシ特派員
名前:fujinee

fujinee

僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

トビリシ特派員トップにもどる

トビリシを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トビリシ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ特派員 > 画家の都トビリシ~青空絵描き編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について