トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > 60. あらゆる動物が集まるタシケント市民の憩いの場、タシケント動物園

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員ブログ

60. あらゆる動物が集まるタシケント市民の憩いの場、タシケント動物園

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年7月28日

サローム(こんにちは)!


ファミリーやカップルに人気の、世界共通のスポットといえば動物園! タシケントにも立派な動物園があります。週末や長期休暇などは現地の家族連れなどでにぎわい、タシケント市民の憩いの場になっています。


その歴史は古く、公式サイトによると開園したのはソ連時代の1924年。当時はたった3ヘクタールの小ぢんまりした動物園だったようですが独立後拡張計画が立ち上がり、1997年に新動物園がオープン。現在は21.5ヘクタール(東京ドームの4~5倍の広さ)、300種類以上の動物を飼育する、中央アジア最大規模の動物園となっています。
またロシアなど旧ソ連諸国の動物園・水族館が多く加盟するEARAZA(ユーラシア地域動物園水族館協会)のメンバーであり、そのほか世界各地のさまざまな動物園と提携関係を結んでいます。



それでは園内へ入ってみましょう。入口では大きなシカの像が出迎えてくれます。子供連れをターゲットに路上綿菓子売りが数名うろつく、ウズベキスタンの遊園地などでおなじみの光景も見られます。


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-01.JPG


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-02.JPG
▲園内地図。ウズベク語表記しかないのがちょっと困りますが、アイコンで何となく分かるはず......。


ゲートをくぐるとまずいらっしゃったのがダチョウ。ウズベク語でTuyaqush、「ラクダ鳥」という意味になります。


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-03.JPG


余談ですが、先日シャシリク屋さんに行ったときにダチョウのメニューがあってビックリ。ウズベク人の知人に話したところ、最近この国の富豪の間ではダチョウを買うのがブーム(?)のようで、その肉が流れているのではないか、、とのことでした。って動物園の記事で紹介する話ではないですよね、失礼しました......。



奥へ向かうと、右手にいくつかの屋内飼育舎が現れます。最も手前にあるのが魚や水辺の生き物の棟。実はこの動物園は水族館を兼ねてもいるのです。
といっても建物はたったひとつで大きくはありませんが、内陸国のウズベキスタンで魚類がたくさん見られる機会はここぐらいしかないということもあり、なかなか人気ゾーンのようでした。


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-04.JPG


さらにヘビなどの爬虫類館、サル館、オウムなどの小鳥館と室内ゾーンが続きます。


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-05.jpg
▲オランウータンやニホンザルなど、世界中のサルが飼育されているサル館


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-06.JPG
▲オウムやインコの肩乗せ体験も



ここから先が、動物園の花形であるライオンやトラ、クマ、カンガルーなどのコーナー。もちろん現地のお客さんにも大人気の動物たちです。


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-07.JPG
▲私が行ったときはライオンはご機嫌斜めだったのか、ずっとそっぽを向いていました(笑)


カンガルーを一目見たときは衝撃でした。え、真っ白......?


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-08.JPG


調べてみると、チェコの動物園からアルビノのカンガルーを譲り受けて以来、約30年にわたってアルビノカンガルーの繁殖に成功しているとのこと(参考記事:https://www.uzdaily.uz/en/post/29600 )。まさかタシケントで世にも珍しい白いカンガルーが見られるとは!


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-09.JPG
▲こちらはなぜか檻の端っこの金網に張り付いていたアライグマ



動物園最奥部はシカやヤギといった草食獣ゾーン、そしてゾウやラクダ、キリンなどの大型動物ゾーン。この国にはどこでもいるヤギなどはともかく、ゾウやキリンは国内でここでしか見られないかもしれません。もちろんこれらの動物たちも家族連れに大人気でした。


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-10.JPG
▲なぜかアルパカと同じ檻に入っているラクダ


1-tashkent-tashkent-zoo-atas-060-11.JPG
▲こっちのラクダはキリンと同居......。


この後来た道を戻るような形で、鳥類ゾーンを見て回っていると入口に戻ることになります。



想像以上にたくさんの動物たちを見ることができて楽しかったのですが、それ以上に印象的だったのがお客さんたちが嬉々として動物に餌をあげまくっていること! ウズベク人はとにかく誰に対してもご飯を振舞うのが本当に好きな人たちなのですが、その精神は動物にも適用されるのでしょう。ここの動物たちはお客さんがいる限りきっとご飯に困らず、快適に暮らせているに違いありません。


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-12.JPG
▲餌のおねだりポーズ(?)をするクマ。毎日ありったけの餌を投げてもらっているのでしょう


tashkent-tashkent-zoo-atas-060-13.JPG
▲これでもか! という量の餌を水鳥にあげる子供たち


餌は園内のあちこちで買うことができるので、ぜひここを訪れた旅行者の方も現地の方に交じり、餌をあげまくって楽しんでくださいね。


それではコルシュグンチャ・ハイル(また会う日まで)!



■タシケント動物園 Toshkent hayvonot bog'i
・住所: 232-A Bog'ishamol ko'chasi, Toshkent
・電話番号: +998-71-207-2072, 1071
・営業時間: 8:00~17:00(予告なく変更となる可能性あり)
・入場料: 25000スム(7~16歳は15000スム、それ以下は無料。予告なく変更となる可能性あり)
・アクセス: ティムール広場を経由する19番バス、チョルスー・アライバザールを経由する115番バスなどが停まるHayvonot bog'iバス停からすぐ
・URL: https://tashkentzoo.uz/ (ロシア語)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

伊藤 卓巳 さん

ウズベキスタン・タシケント特派員の伊藤 卓巳 さんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員
名前:伊藤 卓巳 さん

伊藤 卓巳 さん

学生時代にバックパッカーとして中央アジア諸国を制覇した、根っからのスタン系大好き人間です。JICA青年海外協力隊観光隊員としてサマルカンドに住んでいましたが、コロナ禍により帰国。その後妻の現地赴任にともない、主夫としてウズベキスタンに帰ってきました。まだまだ知られていないこの国の魅力や情報を、首都タシケントより愛をこめてお伝えします! ブログ「takumiの世界ふらふら街歩き」、ツイッター(@jv_samarkand19)でもウズベキスタン情報発信中。 DISQUS ID @disqus_I6DP1RIHwR

タシケント特派員トップにもどる

その他のウズベキスタンの特派員

タシケントを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タシケント特派員トップにもどる

トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > 60. あらゆる動物が集まるタシケント市民の憩いの場、タシケント動物園

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について