トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > アラル海だけでない? カラカルパクスタン自治共和国の見どころ

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員ブログ

アラル海だけでない? カラカルパクスタン自治共和国の見どころ

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年2月11日

 Assalom alaykum! みなさんこんにちは!タシケント特派員の齋藤です。
 今回ヌクス編の最後に、ヌクス市内外の見どころについてお知らせしようと思います。


・サヴィツキー美術館(Savitsky muzeyi)


IMG_2905.JPG


 タシケント市内中心部に位置する美術館です。イゴール・V・サヴィツキーというロシア人アーティストによる旧ソ連時代のアヴァンギャルド絵画のコレクションや、カラカルパクスタンの考古学展示、伝統衣装や装飾品などもあり、カラカルパクスタンのことを知るにはうってつけの場所です。同時に、モスクワから遠いウズベキスタンの、さらに辺境の地であるカラカルパクスタンに、このような優れたコレクションの展示があることに驚かされます。


IMG_2903.JPG


 ちなみに、タシケントで知り合った、カラカルパクスタンに詳しい研究者によると、ロシアン・アヴァンギャルドのコレクションが収蔵されているのは、パリのルーブル美術館と、ロシア・サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館、そしてここ、サヴィツキー美術館の3つしかないそうです。
 入場料は20000スム。写真・ビデオ撮影は別途支払わなければなりません。現在、新館が建設中ですが、いつ完成するのやら...


・ミズダハーン(Mizdakhan)


IMG_3070.JPG


 ヌクス市から南、ホジェイリという町のさらに郊外にある、紀元前から17世紀ごろに建てられた建築物群です。墓地の真ん中に位置しており、聖者廟などを見ることができます。


IMG_3089.JPG


 廟それぞれに個性があります。


IMG_3086.JPG


IMG_3087.JPG


 ここには、アダムの墓と伝えられている遺跡もあり(旧約聖書はイスラーム・キリスト教・ユダヤ教共通の聖典です)、伝説では、この遺跡のレンガがすべて崩れ去ると、世界が終わるとされているそうです。幸い、カラカルパクスタンにはほとんど地震がありませんが...


IMG_3094.JPG

 
 ミズダハーンの奥のほうに10?15分ほど歩いていくと、古代の要塞跡(カラ)があります。手すりなどはないので、要塞に登る際は、足元に十分お気を付けください。


IMG_2018.JPG


 ミズダハーンへの行き方は、ホジェイリのバスターミナルからミズダハーンを通過するバスが出発しています。ホジェイリへは、ヌクス市の北西、旧市街にあるグニェカラ・バスターミナルからバスが出発しています。


IMG_3072.JPG


 では、Ko'rshamiz!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

齋藤 竜太

ウズベキスタン・タシケント特派員の齋藤 竜太が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員
名前:齋藤 竜太

齋藤 竜太

タシケント特派員トップにもどる

タシケントを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タシケント特派員トップにもどる

トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > アラル海だけでない? カラカルパクスタン自治共和国の見どころ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について