トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > カラカルパクスタン自治共和国 ?ウズベキスタンの秘境

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員ブログ

カラカルパクスタン自治共和国 ?ウズベキスタンの秘境

カテゴリー:天気・気候・気温 / 旅行・ツアー・ホテル / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年1月30日

 Assalom alaykum! 皆さんこんにちは!タシケント特派員の齋藤です。


 これまで本ブログでは、サマルカンドやブハラ、ヒヴァといった、ウズベキスタンで見どころとされる観光名所ばかりが注目される中、ウズベキスタンの玄関口であるタシケントの魅力にも旅行者に気付いてほしいと、これまで記事を公開してきました。
 しかし、せっかくウズベキスタンに長くいることですし、他の隠れた見どころについてもご紹介したいと思い、今回はアラル海をその領域内に抱える、ウズベキスタン西部、カラカルパクスタン自治共和国の見どころについて、見どころを紹介したいと思います。


IMG_2505.JPG


 カラカルパクスタン自治共和国への行き方は、タシケントからですと飛行機(1日2便、片道90ドル前後)か夜行列車(夕方7時前後出発、一番安い寝台で20ドル程度のスム払い)になります。飛行機ならジェット機で1時間半弱、プロペラ機なら2時間半程度の飛行時間で到着しますが、夜行電車だと20時間以上かかります。


鉄道の旅toヌクスその2.jpg


 カラカルパクスタン自治共和国内には、「20世紀最大の環境破壊」の場として有名なアラル海があり、そこを訪れる外国人観光客が多いため、タシケントの旅行会社や現地のホテルを通じて英語を話せるガイドを見つけることができます。


IMG_3056.JPG


 カラカルパクスタンは、人口およそ170万人。カラカルパク人という、言語的にカザフ人に近い民族が、人口の3?4割を占めています(残り3割がウズベク人、3割弱がカザフ人。ほかに、ロシア人、朝鮮人、トルクメン人等)。自治共和国首都のヌクス市内では、ウズベク語よりもカラカルパク語の看板のほうが多く目につくくらいです。


IMG_2884.JPG


 ウズベク人の、ペルシャ系が混じったようなエキゾチックな容貌に比べて、カラカルパク人はやや日本人に近いような、素朴な顔立ちをしている人が多いです。気質の面でも、ウズベク人はお客を歓待し、近い人間関係を求めるのに対して、カラカルパク人はそこまで「ベタベタ」しない感じがします。定住民であるウズベク人と、遊牧民族であるカラカルパク人の違いかもしれません。


IMG_2948.JPG


 気候は、沙漠地帯であるため、夏は酷暑、冬は酷寒のようです。特派員は6年前、7?8月にかけてヌクスに滞在したことがあるのですが、あまりの暑さにぶっ倒れてしまいました。
 食事の特徴として特筆すべきは、川魚でしょう。カラカルパクスタンにはアム川(アムダリヤ川とも)の下流域があり、そこで獲れた魚を揚げたものが、よく食堂などで出されます。


IMG_2542.JPG


 次回は、アラル海でのキャンプについてお話します。
 では、Ko'rshamiz! (またお会いしましょう!)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

齋藤 竜太

ウズベキスタン・タシケント特派員の齋藤 竜太が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員
名前:齋藤 竜太

齋藤 竜太

タシケント特派員トップにもどる

タシケントを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タシケント特派員トップにもどる

トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > カラカルパクスタン自治共和国 ?ウズベキスタンの秘境

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について