トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > ロシア正教の復活祭「パスハ」

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員ブログ

ロシア正教の復活祭「パスハ」

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2015年4月19日

Assalom alaykum! 皆さんこんにちは!タシケント特派員の齋藤です。
 以前ご紹介した。新市街にあるバザール、ミラバッドバザールの近くにあるロシア正教会は、ウズベキスタンのロシア正教の中心になっているそうです。ロシア正教のお正月は1月7日なのですが、その時このロシア正教を見学しに行った日本人留学生によると、盛大な儀式があったとのことで、「しまった!見に行けばよかった!」と、物見高い特派員としては後悔することしきりでした。
 4月11日、とあるきっかけで知り合ったウズベク人に、「うちの嫁さん、ロシア系なんだけど、今夜パスハ(Пасха、復活祭)のお祝いがロシア正教会であるらしいよ。見に行かない?」とお誘いを受けたので、見に行くことにしました。
 復活祭(イースター)は最近では日本でも知名度が上がってきているようですが、東方正教会には独自の暦を使う(そのため、新年のお祝いもずれている)ため、2015年の場合だと、東方正教会以外では4月5日が復活祭のようですが、ロシア正教会では4月12日に祝われます。


IMG_2369.JPG

 日付が変わる直前に、ミラバッドバザール近くの教会まで行くと、すでにたくさんの人が集まっていました。


IMG_2375.JPG

 教会もライトアップされています。教会の入り口付近には、中に入れなかった人のために、教会の聖堂の中を映像で映し出すためのスクリーンが設置されていました。
 見ると、みんな手に手にろうそくを持っています。簡単に消えないように、ペットボトルを半分に切ったものでろうそくをカバーするなど、工夫を凝らしている人も多かったです。また、パスハによく食べられる「クリーチ(кулич)」と呼ばれるドーム型のケーキを持ってきている人もいます。


IMG_2418.JPG

 復活祭ということで、卵も見かけますね。


IMG_2424.JPG

 それにしても、耳に入るのはほとんどがロシア語で、ウズベク語をしゃべっているのは、雑踏警備の警官くらいなものです。特に最近は、タシケントでも脱ロシア語・ウズベク語化が進行しているので、これだけの人ごみでありながらロシア語だけ聞けるというのは今時珍しいです。


IMG_2432.JPG

 信者さんたちが、教会の周りを回り始めました。


IMG_2415.JPG

 人ごみがきれたので、聖堂の中に入ることができました。


IMG_2438.JPG

 教会の中から外から、
「フリストフ ヴォスクレセ!(Христов Воскресе!:キリストは復活された!)」
 という声が聞こえます。こういうところに来ると、「ああ、ここは昔、ロシア人が支配していた地域なんだなあ」という実感が湧いてきます。


IMG_2441.JPG

 この日はどうやら、ロシア語圏に限らず、東方正教会で広く復活祭が祝われます。
 日本でも認知度が上がっている復活祭ですが、(我々日本人の多くが基準にしがちな)西欧のそれとは違う復活祭を見ると、キリスト教世界といっても多様なのだなあ、と思います。


IMG_2445.JPG

 すごい人ごみでしたので、「来年、この教会で復活祭を見たい!」という方は、くれぐれも手荷物に気を付けてください。


IMG_2422.JPG

 では、Ko'rshamiz! (またお会いしましょう!)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

齋藤 竜太

ウズベキスタン・タシケント特派員の齋藤 竜太が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員
名前:齋藤 竜太

齋藤 竜太

タシケント特派員トップにもどる

タシケントを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タシケント特派員トップにもどる

トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > ロシア正教の復活祭「パスハ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について