トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > 民族・文化・言語の交差点 ウズベキスタンのバザール

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員ブログ

民族・文化・言語の交差点 ウズベキスタンのバザール

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2014年11月20日

Assalom alaykum(アッサラーム・アレイクム:ウズベク語で「こんにちは」の意)、初めまして!
タシケント特派員の齋藤と申します。


Ryota Saito.JPG


この秋から、2回目となるタシケントでの留学生活を始めました。本ブログを通じて、日本人にとって
まだまだ知られていない国、ウズベキスタン、そして、複雑な言語、文化、民族、宗教から成り立っている、
シルクロードのオアシス都市、首都タシケントについて、皆様により知ってもらえるよう、
当ブログを通じて情報発信していこうと思います。
Tanishganimdan xursandman! (タニシュガニムダン・フルサンドマン:なにとぞよろしくお願いします)!


さて、ウズベキスタンという日本人にとってなじみのない国をどう説明すればいいか?
4年前にロシア語の学習のためにウズベキスタンに1年間留学した後、
「ウズベキスタンってどのような国ですか?」と訊かれても、私は自分にとっても納得のいく答えを
見つけられませんでした。


「イスラームの国?」


旧ソ連地域だけあって、ロシア人や、極東から来た朝鮮系の人など、ほかの民族もたくさんいます。
基幹民族のウズベク人にも、一般に日本人がイメージするような厳格なムスリムは少なく、
お酒を飲んでいる人がたくさんいます。


Drink.JPG


「旧ソ連ってことは、ロシアのような国ですか?」
ロシアがこの地域を征服したのはほんの百数十年前。サマルカンドやブハラ、ヒヴァのような
都市に行くと、モスクやイスラーム神学校などの歴史地区がたくさん残されています。


Khiva.JPG

「中央アジアっていうけど、アジアなのですか?」
日本の外務省のHPでは欧州部に分類されており、タシケントは旧ソ連時代に整備された
ヨーロッパのような街並みです...


Tashkent.JPG


ウズベキスタンを旅行したいという方は、モスクやイスラーム神学校、世界遺産の歴史地区もいいですが、
ぜひ一度、市民の台所、バザールを訪れてみてはいかがでしょうか?


Bazar.JPG


バザールを歩けば、その活発さもさることながら、そこで売られているものがいか
にウズベキスタンを反映しているかがわかると思います。冬こそ品ぞろえが寂しくなりますが
(日本のスーパーなどと違って「旬」というものが如実に現れます)、色とりどりの野菜や果物、
多様なスパイスが並び、
売り子もウズベク人やロシア人、そして朝鮮系の人が営む店に行けば、ナムルのような
サラダやキムチも売っています。長期滞在して自炊していると、昨日はスパイスが効いた
ウズベクスープ、今日はキムチスープ、明日はロシア風ボルシチ、という献立も可能なのです。


さて、おなかがいっぱいになったところで、次回はタシケントのバザールについて、
もう少し紹介していこうと思います。
それでは皆様、Yana ko'rshamiz(ヤナ コルシャームズ:またお会いしましょう)!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

齋藤 竜太

ウズベキスタン・タシケント特派員の齋藤 竜太が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ウズベキスタンウズベキスタン/タシケント特派員
名前:齋藤 竜太

齋藤 竜太

タシケント特派員トップにもどる

その他のウズベキスタンの特派員

タシケントを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タシケント特派員トップにもどる

トップ > アジア > ウズベキスタン > タシケント特派員 > 民族・文化・言語の交差点 ウズベキスタンのバザール

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について