トップ > 日本 > 種子島特派員 > NO.2 鉄砲伝来!種子島の最南端『門倉岬』

日本国内日本国内/種子島特派員ブログ

NO.2 鉄砲伝来!種子島の最南端『門倉岬』

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年8月23日

どもども、しおりです。
だいぶ期間開いちゃいましたが・・・(^^ゞ
第二弾!!
前回は種子島のことかる~くお話しました!
そして、種子島といえば鉄砲伝来!

鉄砲伝来は種子島の最南端『門倉岬』から始まりました。

IMG_4269.jpg

とっても静かで見晴らしもよく、屋久島もロケット基地方面もしっかり見えます!

まず、鉄砲伝来のお話とそれにまつわる悲しいストーリーをお話しすると、


むか~しむかし、
あっ、細かく言うと1543年。

種子島の最南端、『門倉岬』付近で台風の直撃を受けた南蛮船が漂着しました。
船には100人もの人が乗船しており、その中にポルトガル人の商人もおりました。
ポルトガル人が上陸したときに鉄砲を撃って見せたといいます。
今まで目にしたことのない威力に度肝を抜かれた島主 種子島時尭は、これをポルトガル人から譲り受け、火薬を家臣笹川小四郎に、鉄砲を鍛冶の八板金兵衛に命じて作らせようとしました。

金兵衛は鉄砲作りに情熱を注いでおりましたが、どうしても一カ所だけ、ねじの切り方がわからず、最初の頃の完成品は不発や暴発の欠陥銃だったと言います。
ポルトガル人に作り方を問うと、娘の若狭を嫁にくれたら教えてやると言われてしまうのです。
日夜考え苦しみ難儀していた金兵衛を見ていた若狭は、苦しむ父を救うため南蛮船にのり嫁いだのです。
日本で国際結婚第1号といわれています。

若狭のおかげで鉄砲は完成。

今も火縄銃として種子島のイベントなどで発砲のエキシビジョンを生で見ることができます。

IMG_0436.jpg

こちらは毎年秋に門倉岬で行われている鉄砲伝来式典です。
響き渡る音と、矢縄銃ならではのこの火薬の焼ける臭い!
『はなてー!!』
の合図でパーン!パーン!とかっこいいです(^^)
写真に火花が映ればサイコーだけど、さすがに早すぎてムリ~(~o~)

そして、こんなかわいい部隊もいますよ♪

IMG_6468.jpg

子供鉄砲隊!
南種子町の幼稚園の年長さん!
これ、我が子です(^^ゞテヘ


ちなみにここの広場、鐘も設置してあって、ならしたら幸せになれかも♪

IMG_0111.jpg

奥には神社もあり、先日遊びにここに来たら結婚式してました(o^^o)
こんなロケーションのところで結婚式なんてサイコー!
リゾートウェディングなんて良いんじゃない?!
皆さんいかが??( ^o^)ノ

種子島へ来たら遊びに行ってみてくださいね♪

ちなみに、ここからも打ち上げ見れますよ!

IMG_4351.jpg

こんな感じに♪

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

しおり(はぴすま女将)

日本国内・種子島特派員のしおり(はぴすま女将)が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/種子島特派員
名前:しおり(はぴすま女将)

しおり(はぴすま女将)

1980年北海道産まれ。都会に憧れ上京しカメラマンとして働き、長期休暇を取り地球の歩き方を片手にバックパッカーしてました。その後サーファーの主人と出会い2009年に種子島に移住。2012年『種子島民宿はぴすま』をオープン!現在2児の母で民宿女将、さらにカメラマンとして種子島で自由で楽しい毎日を過ごしてます。民宿HPのブログ『種子島幸せ移住計画』も覗いてね。 DISQUS ID @disqus_Rj4VX1SM93

種子島特派員トップにもどる

その他の鹿児島県の特派員

鹿児島に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

種子島特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 種子島特派員 > NO.2 鉄砲伝来!種子島の最南端『門倉岬』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について