トップ > ヨーロッパ > エストニア > タリン特派員 > 番外編)写真は真実を語るのだろうか。/新型コロナウイルス

エストニアエストニア/タリン特派員ブログ

番外編)写真は真実を語るのだろうか。/新型コロナウイルス

カテゴリー: 投稿日:2020年3月25日

Tere!(エストニア語で、こんにちはの意)


新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮い、多くの関連写真やデータをネット上で見かけるようになりました。


そこで今回は番外編として、「写真は真実を語るのだろうか。」と題して、今一度、私も皆さんも写真を見る上で気をつけたいことをおさらいしたいと思います。


さて!ここに1枚の写真があります。
先週土曜、エストニアの首都タリンにあるとあるスーパーで撮った、トイレットペーパー売り場の写真です。


IMG_1106.jpg


トイレットペーパーは売り切れで(奥にあるのはキッチンペーパーです)、エストニアの人も買いだめに走ったのかな?という印象を受けますね。


次に、もう1枚の写真をご紹介します。


IMG_1105.jpg


トイレットペーパーの在庫が豊富で、しかもセールまでやってますね。ふだんのスーパーといった印象でしょうか。


・・・賢明な皆さまは床の色でお気づきかと思いますが、この2枚の写真は同じスーパーで撮ったものです。同じ日、同じ時刻に。


↓↓↓実際はこうです↓↓↓


IMG_1107.jpg


1枚目の写真を私が使って、「エストニアではパニックが起きていて、スーパーにはトイレットペーパーの在庫がありません!」と書くこともできますし、2枚目の写真を使って「エストニアは落ち着いています。日本にトイレットペーパーを送ってあげたいくらいです。」と書くこともできます。


・・・自分で写真を掲載しておいてなんなのですが、改めて、写真というものは、文章よりも一瞬で人の心を動かす力があるなあと感じます。真実を語るかどうかは、皮肉なことにこの2枚の写真で一瞬にして明らかですね^ ^


おそらく写真にはスピードとパワーの両方があるのでしょう。そのスピードとパワーは、ときに私たちの思考力を凌駕してしまう時があり、なので、だからこそ、より一層、写真に対して注意深く接する必要があるのだろうと今回改めて思いました。


文章を読む時に書き手の真意を探ることと同様、写真を見る時も撮り手の真意を深く探る一手間を惜しみたくないものです。


真実を知りたいならば。


そして自分の目で真実を確かめたくなったら、いざ旅へ!といつもなら書けるのですが、今はそれぞれ自宅で書を開きましょう!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chisato

エストニア・タリン特派員のChisatoが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

エストニアエストニア/タリン特派員
名前:Chisato

Chisato

はじめまして!エストニアの首都タリンに住んでいます。 これまでの海外渡航歴は60カ国くらいです。ブログでは、 「バルト三国に行ってみたいけれど、治安は大丈夫なの?」といった不安や、 「おいしい現地料理を食べたい!」「エストニアでしかできないことをしてみたい!」と いった期待に応えられるように心がけ、レポートします。 DISQUS ID @disqus_r3iNrbGCq4

タリン特派員トップにもどる

タリンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タリン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > エストニア > タリン特派員 > 番外編)写真は真実を語るのだろうか。/新型コロナウイルス

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について